KangNam(本名:滑川康男)=歌手が日本人→韓国人へ帰化!経歴やダイエット方法!結婚した嫁(妻)はイサンファ

エンタメ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

日本出身の歌手であるKangNam(本名:滑川康男)さんが韓国国籍の取得を考えていることがわかりました。

日本国内では、日韓関係が悪化しているこのタイミングでの報道に、ネットユーザーを中心に大きく反応。

今回は韓国への帰化が話題となっているKangNamさんについて取り上げます。


KangNam(本名:滑川康男)=歌手が日本人→韓国人へ帰化

今回の件について、聯合ニュースなどは以下のように報じています。

日本出身で、韓国を中心に歌手、タレントとして活動するKangNam(カンナム、本名:滑川康男)さん(32)が、日本の国籍を放棄して韓国国籍を取得する考えだ。KangNamさんは韓国人の母と日本人の父を持つ。

所属事務所の関係者が12日、「KangNamさんはこのほど、韓国に帰化することにした。月内に申請書を提出する予定だ」と明らかにした。韓国国籍取得には1年ほどかかる見通しだ。

出典:聯合ニュース

報道にある通り、歌手のKangNamさんが韓国に帰化することがわかりました。

ただ、韓国国籍の取得には試験があり、実際に取得が完了するまでには早くても1年近くの時間がかかる見通しだといいます。

この報道に対して、ネットでは『日本でも帰化の際に試験を設けるなどハードルを高めるべきでは?』というようなコメントも多く見られます。

経歴と結婚した嫁(妻)はイサンファについて

KangNam(カンナム)さんは、本名を滑川康男(なめかわ やすお)といいます。

1987年3月23日生まれで、東京都江戸川区出身。

所属事務所は以下のとおりです。

・日本=CJビクターエンタテインメント
・韓国=ジャングルエンターテインメント

日本ではあまり知られていない彼ですが、韓国では人気のようで、『韓国で一番名前の知られているアーティスト』とも言われています。

そんな彼は2019年3月にスピードスケート韓国代表であった李相花(イ・サンファ)選手と結婚。

このときも日本、韓国ともにで大きな話題となりました。

3週間で9キロの究極のダイエット方法

KangNamさんといえば、自身のInstagramに3週間で9キロ減量したとする衝撃的なビフォーアフターの写真を掲載し、話題になりました。

そのときの写真がこちらです。

短期間でこれだけ落としたKangNamさんですが、今までの経験も踏まえ、食事はしっかりと取っていたそう。

そのなかでの減量ということは、しっかりと運動を取り入れていたことがわかりますね。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

韓国って帰化の時に試験があるんですね。日本も外国人が日本人に帰化するときにある一定の年齢からは、試験を取り入れるべきでは無いでしょうか?

義務がたくさんあるから大変でしょうが、アイデンティティが明確なら賢明な選択でしょう。日本にいても仕事もないし・・・。
受け狙いなら墓穴掘ることになるね。

彼女との結婚を考えて色々あるのかもね。日本籍でいたところで、韓国で活動するならメリットなさそうだし、この人日本では決して売れないと思うからいいと思う。

いいんじゃないですか。韓国を愛するならそれが正しい選択です。

日本国内にいる、日本人のふりした反日同胞たちも見習ってほしいし、後に続いてほしい。

この年ならば、軍に入らなければいけない時期は、
終わった?
それを、待ってて今かな。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。