高橋朱里の韓国語の実力と痩せた理由!フライデーで謹慎?

エンタメ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

元AKBのメンバーで、現在は韓国のガールズグループ『Rocket Punch』として活動している高橋朱里さんが話題になっています。

2019年夏頃から日韓関係がより悪化したことを受けて、韓国では日本アイドルの排除に動いているといいます。

そんな流れのなか、『Rocket Punch』のメンバーである高橋朱里さんも例外ではありません。

今回は、渦中にある高橋朱里さんについて取り上げます。


日本アイドル追放と東スポが報道

東スポなどによると、日本アイドルが過去最悪の事態に見舞われてるといいます。

韓国の6人組ガールズグループ「Rocket Punch(ロケットパンチ)」に唯一の日本人メンバーとして加入。7日にデビューミニアルバム「PINK PUNCH」の発売記念イベントに出演したが、いきなり洗礼を浴びたという。

「韓国マスコミから、高橋に対して“日韓関係が悪化する中での韓国デビュー”について、質問が飛んだ。高橋が困惑すると、MCが『この質問に答えることは難しい』などと遮りましたが、アイドルのデビューイベントとは思えない緊張感に包まれました」(レコード会社関係者)

昨年のAKB選抜総選挙で12位に入るなど人気メンバーだった高橋は、AKBグループメンバーが参加した韓国のオーディション番組「PRODUCE48」に挑戦。同番組で結成された宮脇咲良ら3人が加わった日韓アイドルグループ「IZ*ONE」のメンバーには選ばれなかったものの、高橋の奮闘ぶりを評価した韓国の芸能事務所からスカウトされ、同国で再デビューすることを発表していた。

「政治と文化やスポーツ交流は分けて考えるべきとの冷静な声もあるが、韓国内では2020年東京オリンピックへのボイコット論も過熱。14日公開予定だったアニメ『映画ドラえもん のび太の月面探査記』も延期になった。高橋の活動について韓国メディアは厳しい論評をしている」(前同)

両国の関係悪化の影響は、日本人メンバーが所属するTWICEやIZ*ONEら日本でも人気の高い韓流ガールズグループにも波及している。

出典:東スポ

高橋朱里さんがAKBを辞め、韓国の事務所への移籍を発表したのが2019年2月上旬。

そこからわずか半年ほどで、日韓関係は今までにないくらい悪いものとなってしまいました。

韓国への移籍が決定したときも、日本国内ではさまざまな議論が巻き起こり、一部ファンからは『裏切り行為だ!』などとする声も上がっていました。

そんななかでの今回の報道に、同情する声も一部ではありますが、多くは『自業自得』という趣旨のコメントになっています。

高橋朱里の韓国語の実力と痩せた理由

高橋朱里さんは2019年の3月ごろから韓国デビューに向けて韓国語の猛特訓をしていることを明らかにしていました。

Instagramなどでも、ノートにハングル文字がびっしりと書かれた写真がアップされています。

このことから、相当真剣に韓国語学習に取り組んでいたことが分かります。

ただ、現在、韓国語のレベルがどの程度にあるのか?については不明です。

また、高橋さんについては近年痩せた?と噂になっています。

真相は不明ですが、今回報じられた日韓関係の悪化などで精神的に参っているというところも少なからずあるはずです。

フライデーで謹慎の噂とは?

高橋朱里さんといえば、AKB時代に同じAKBメンバーであった小嶋真子さんのスキャンダル事件に巻き込まれたという過去があります。

小嶋さんとジャニーズJr.宮近海斗さんが中村海人さんとの誕生日会に参加した写真がリークされたのですが、このリークした犯人として高橋朱里さんの名前があがたのです。

これは単に一部のファンが高橋さんの家の壁と写真に写った家の壁が似ているからという理由で噂になったもので、本人も明確に否定をしています。

今現在でもリークした犯人は分かっていないようですが、高橋さんが関係したというのはあくまでも噂であり、明確な根拠もないということに注意しましょう。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

日本のファンを裏切ってまで渡ったんだ。
悪い方向に倒れても自業自得。
そもそも日韓の懸け橋とか志があって渡ったのではない奴に無いも出来るわけがない。
最後に日本のファンに泣きつけば何とかなると思ってるなら甘い。

「夢を持って海を渡った日本人アイドルたちに罪はないのだが…。」
彼の国には夢はありません。そもそも選択を間違っているのは彼女たちです。

ならばこっちも韓流アイドルを追放すればいい。
同じことをされたら被害者ぶってヒビョルんだろうけどねー

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。