【性格=悪?】龍真咲(元宝塚)が活動休止(引退)!理由は?明日海りお→不仲説

エンタメ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

元宝塚月組トップスターで、舞台女優などとして活躍していた龍真咲(りゅうまさき)さんが芸能活動の休止を発表しました。スポーツ報知などによると以下のように報じています。

今月いっぱいで所属事務所のスペースクラフトを退社して芸能活動を休止することを発表した元宝塚歌劇月組トップスター・龍真咲が6日、大阪・梅田クラブクアトロで「LIVE TOUR 2019 HOME 1」を開催。地元のファンに向け「また、みなさんと笑顔でお会いできることを願っています」と、頭を下げた。

同ツアーは、芸歴20年を迎える21年に向けた新プロジェクトを掲げた東名阪ツアーだったが、龍は東京公演(先月28日)を前にした同20日に芸能活動休業を発表した。龍は2回目のアンコール時にファンを前に「これからの行く末を心配していただき、うれしく、温かい気持ちになります」と、まずは感謝。

突然の発表については「無鉄砲」と表現しながらも「長い長い人生、100年生きるとも言われる時代、私の人生には保険がありません。今は一休みしようと。引退というつもりではない」と説明。「自分が本当にやりたい道は、歌、ライブ。長く歌っていく夢のためには実力不足。しばらくお時間をいただいて心の整理をして、身に付けるべきものを身に付けたい」と前を向いた。

現時点ではあくまでも活動休止であり、引退ではないと明言していますが、休止期間については明言しておらず復帰の可能性についても様々な意見が飛び交っています。


龍真咲(元宝塚)の活動休止(引退)理由とは?

今回、突然の活動休止発表に、ファンからは戸惑いの声も多く聞かれます。

そんななか、龍真咲さんは活動休止理由を『自分自身の力不足』と説明。

今後、舞台や芸能界で活動を続けていくためには実力が足りないと判断したようです。

ただ、『私の人生には保険がありません』と語っていることからも、活動休止理由として大きいのは実力不足というより今後の人生への不安が大きいものと思われます。

確かに芸能界は何の保証もない業界。稼げる時は良いけど、仕事がなくなればその後の生活はどうなるかわかりません。

宝塚を引退し、独立した今、将来への不安が突然襲いかかってきたのかも知れません。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

長い人生、一回リセットしてゆっくり身体を休めても良いと思います。自分の人生です。リセットが出来たら元気に復帰すれば良いと思います。

見直した。なかなかファンの前で言える(言いたい)言葉じゃない。仕事を詰め込むと、インプットの時間が欲しくなるのは、まさに自分も今そうだから、すごく分かる。宝塚時代はクセが強くて苦手だったけど、復帰したら、聴きに行きたい。

彼女は、宝塚に入団する前、パワーをもらいに休日は大劇場付近を探索するほど歌劇団が好きだったみたい。だから、少し恋しくなったり寂しく感じているかも。

性格が悪いって本当?明日海りおとの不仲説について

龍真咲さんの名前を調べると、『性格 悪』というワードが関連に出てきます。

ただ、これはあくまでも宝塚時代の彼女の役柄が影響しているだけだと思われます。

というのも、彼女が月組トップを務めていた頃、性格的にキツイ役柄や男気あふれるような役柄が多く、そのイメージが世論に定着してしまったものと思われます。

Yahoo知恵袋などでは、『龍真咲さんの性格がきついって本当ですか?』という質問に対し、宝塚内に知り合いがいるという人物から以下のような回答も出ています。

このことから、性格が悪いという事実はないようです。

また、同じく宝塚の明日海りおさんと一時期不仲説が浮上したこともありましたが、現状は不仲ということはなく、普通に友人関係にあるようです。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。