吉本興業いわくつきの元社員(文春)は誰で名前を特定?加藤浩次のバックで大崎洋会長と対立→追放?

エンタメ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

入江慎也さんの闇営業仲介問題を発端に、次々と吉本芸人の裏の活動が明らかになりました。

この一連の騒動は大きな問題へと発展し、朝の情報番組『スッキリ』で、自ら吉本興業を辞める覚悟を示した加藤浩次さんが大きな注目を集めることに。

男らしい加藤浩次さんの発言に、ネットでは称賛の声もあったものの、週刊文春によれば吉本興業トップの大崎洋会長と対立の様相を呈してきたといいます。

今回は、加藤浩次さんと吉本興業をめぐる週刊文春の報道と、その詳細を取り上げます。


加藤浩次と大崎洋会長が対立で追放の可能性?

7月31日に更新された週刊文春オンラインによれば、加藤浩次さんと吉本トップの大崎会長の関係が悪化しているといいます。

週刊文春では『絶対に許さない』とキャッチーな見出しを付け、以下のように報じています。

加藤は、7月22日、自身が司会を務める「スッキリ」(日テレ系)で、大崎会長(65)、吉本興業の岡本昭彦社長(52)に対し、辞任を迫っていた。

吉本興業関係者が明かす。
「大崎氏は身を引くつもりはさらさらない。岡本氏を辞めさせるつもりもありません。一方、反旗を翻した加藤に対し『絶対に許さない』と言っているそうです。宮迫だけでなく、加藤も吉本興業に残ることはできないでしょう」

大崎氏の意を受けた岡本社長が「加藤追放」に向けて着々と動いているという。

「岡本氏は『加藤のバックには、いわくつきの元社員がいる』などと、さかんに記者へリークしています」(同前)

「週刊文春」が、この元社員を電話で直撃すると、「そんなことあるわけないじゃないですか。加藤とは(自分が吉本を)辞めてから一度も連絡を取ってませんよ」と言下に否定した。

出典:週刊文春

報道では、大崎会長が激怒し、岡本社長に加藤浩次さん追放の方向で進めるように指示しているといいます。

一方、後半には加藤浩次さんのバックにいわくつきの元吉本社員がいることが記載されています。

いわくつきというのが具体的にどういったものなのかは不明ですが、含みをもたせた書き方に、ネットではこの元社員についても関心が集まっているようです。

吉本興業いわくつきの元社員(文春)は誰で名前を特定?

文春の報道によれば、この元社員は『B』と報じられています。

いわゆる伏せ字報道であり、イニシャルではないでしょう。

加藤さんのバックにこのような吉本元社員がいるという報道を行っているのは、2019年7月31日現在では週刊文春のみです。

そのため、この元社員の情報を探るためには週刊文春の報道を参考にするしかないのですが、

・吉本元社員であること
・記者にリークしていること
・いわくつき社員であること

くらいしか情報が公開されていません。

そもそも本当に吉本の元社員が加藤さんのバックにいるかどうかについての信憑性については、現段階では不明としか言いようがありません。

実際に文春はこの人物に直撃取材を行ったようですが、本人は事実関係を否定しています。

この報道が事実だとすれば、まだ別の角度から吉本の問題が表面化してきそうです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

報復人事をしたら、今後の公のお仕事は問題視されますなぁ。そんな会社に税金を投入する仕事に関わってほしくないと大半の国民が、思うだろうから

税金まで投入されてる企業の会長がそんな事やったらいくら大企業の吉本でも終わる
さすがに大崎もそんなに浅はかではなかろうに

実際に大崎会長が加藤を追い出したら、吉本はさらに追い込まれる。
そうでなくとも加藤は辞めるかもしれないけど。

普通に考えると芸人から名指しして辞めろとテレビで言われた大崎会長、岡本社長としたら怒ってるでしょうね。世間の向かい風があるから様子を見ながら報復すると思います。加藤もあれだけの事を言ったのだから潔く他の大手事務所に移籍した方が自分の為だと思う。

もともとかもしれないけど、最近特に、文春が捏造気味に対立構造を煽って自体を悪化させるっていうやり方をしてる気がする。

あの発言は咄嗟に出てしまったのかもしれないけど、それだけ会社に変わって欲しい、という強い気持ちがあったから。今後、圧力で活動に支障が出ても凛としていて欲しい。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。