小泉弘(ヤマトリース)社長の顔写真(画像)と年収や経歴学歴!結婚して妻はいる?パワハラ音声動画は?

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

運送大手のヤマトホールディングス参加のヤマトリースで、パワハラ問題が取り沙汰されています。

問題になっているのは、ヤマトリースで代表取締役社長を務める小泉弘社長の発言。

週刊文春などによると、小泉社長は社員に対して非常に辛辣で、指導の域を超えた暴言を吐いたといいます。

文春はこのパワハラ音声を入手しているということで、その内容が大きな話題を呼んでいます。

今回は、日本の物流を支えるヤマト関連会社で起きた不祥事について取り上げます。


小泉弘(ヤマトリース)社長の顔写真と年収や経歴学歴

週刊文春などによると、以下のように報じています。

ヤマトホールディングス(HD)の100%子会社、ヤマトリース(東京都豊島区)の小泉弘社長が、社員にパワハラとも受け取れる言動を重ねていたことが、ジャーナリストの横田増生氏が入手した音声データで分かった。

その小泉氏は今年に入り、ある支店会議後に開かれた懇親会の席で、以下のような発言をしていた。
「お前ら○されるぞ、本当に。分かる、これ? そのくらい(の給料を)もらってんだよ。○されるよ、本当。ふざけんなよ。馬鹿たれ! それも分からねぇから問題なんだよ」

小泉氏は「給料が高過ぎる」と社員たちを怒鳴り続け、こう吐き捨てた。

「24時間働きゃいいじゃない。(ヤマトHDの中核子会社)ヤマト運輸に戻ると(給料が)下がるんだよ。ウチに残りたいんだったら死に物狂いで働けよ。家買ってんだろ、ローンあるんだろ、できますか、甘えるのやめてくれよ」

小泉氏は、一部の社員で1000万円を超える給料の社員がいることに、不満を持ち、こうした発言を繰り返していたという。

※発言の一部は過激でありセンシティブな内容を含むため、伏せ字表記。

出典:文春オンライン

小泉弘社長がヤマトリースの代表取締役社長に就任したのは2018年9月のこと。

報道のあった2019年7月現在、まだ就任から1年も経過していない状態です。

そんな小泉社長の顔写真については、今のところ一切公開されておらず、メディアなども公表していません。

一部メディアでは、こちらの人物を『小泉社長』として掲載していますが、こちらはヤマトリースの親会社であるヤマトHD長尾社長です。

誤解しないように注意です。

詳しい経歴についても不明ですが、ヤマトHDのホームページによると、ヤマトリースの社長に就任する前はヤマトフィナンシャル株式会社常務を務めていたとのことです。

今回、小泉社長の発言のなかでは社員の給料が高いという内容がありますが、社長自身はどれほどの給料をもらっているのでしょうか?

調べてみましたが、2019年現在どれほどの収入があるのか?というデータは出てきませんでした。

ヤマトリース株式会社自体、未上場ですので有報の公開もありません。

そのため、年収情報を一般の人が知るのは難しいと思われます。

その他、今後、新しい情報が分かり次第追記させていただきます。

小泉社長は結婚していて妻はいる?

小泉社長については、生年月日などについても公表されていません。

そのため、現在の年齢も不明です。

ただ、数少ない情報から経歴を見るに、それなりのキャリアを重ねてきていることは分かります。

結婚などプライベート情報についても公表されていませんが、役職や地位を考えると結婚してる可能性のほうが高いでしょう。

パワハラ音声や動画は公開されてる?

週刊文春がパワハラ音声を公開しました。(文春制作の上記動画内に音声があります)

音声を聞いてみると、鮮明に小泉社長と思われる人物のパワハラ発言が記録されています。

ここまでの証拠があるのであれば、さすがに言い逃れはできないでしょう。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

人権侵害で訴える方が効果的かも
なんでもかんでもハラスメントで
終わらせない方がいいような

膿を出し切るまで社風は変わらないでしょうね。トップから支店長クラスまで総入れ替えしないとダメなんじゃないの?

これを録音してた社員は「お前の給料の方が無駄に高いわ!」と思いながら聞いていたんだろうなぁ

元関係者ですが、元々こんな会社ですよ。本体の方も同じです。裏では平気でこんな事を下には言ってますけど。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。