たばこ中抜け大阪府立高校はどこ?男性教諭は誰で名前特定?

不正疑惑

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

大阪府立の公立高校で、60代の男性教諭が勤務時間中にたばこを吸うなどした不祥事が話題となっています。

この件で、教育委員会は懲戒処分を言い渡したとのことですが、その内容が減給1ヶ月であったことに対しても疑問の声が集まっています。

今回は、大阪の公立高校で起きた不祥事問題について、詳しく取り上げていきます。


大阪の公立高校で教師がたばこ中抜け

今回の件について、朝日新聞は以下のように報じています。

勤務中に体育館裏でたばこを吸ったり、校外の飲食店で食事したりしていたとして、大阪府教育委員会は27日、府立高校の男性教諭(60)を地方公務員法の職務専念義務違反で減給1カ月(10分の1)の懲戒処分にし、発表した。

府教育庁によると、処分理由は同校に赴任した2010年4月から今年9月までの9年間、勤務中に3442回(計約172時間)の喫煙を校内で繰り返し、休憩時間でないのに上司の許可を得ず、校外の飲食店で138回(計39時間)食事をしたというもの。今年5月には、授業中に生徒の胸を拳で突いたという。

出典:朝日新聞

報道にある通り、男性教諭はたばこや飲食などをするために、勤務時間中に中抜けを行っていたと言います。

『中抜け』といえば、生徒が授業中にする行為として使われることはありますが、教師が中抜けをするというのは耳を疑うニュースでしょう。

ネットなどでは、今回の報道の『3442回』や『138回』などという具体的な回数についても話題になっています。

違反をしていた回数や時間をここまで具体的に計算していたのは誰なのか?と話題になっていますが、過去に敷地内での喫煙を目撃したのが教員であったということから、同じ高校で働く教員が回数を数えていたのは間違いないでしょう。

初めての問題行為発覚以降、地道に回数や時間を数えられていたということから、校内でも問題行為が目につく人物として認知されていた可能性も高いです。

大阪府立高校はどこで学校名は?

今回、不祥事が発覚した高校は一体どこなのでしょうか?

朝日新聞の報道によると、『大阪府立の高校』であることが記載されています。

ただ、大阪府立の高校ということは、大阪府内にある公立高校とほぼ同義。

2019年12月現在で大阪府内には160校以上の公立高校が存在していますので、この情報だけでは絞り込むことは到底不可能でしょう。

また、現時点では朝日新聞以外にこのニュースを詳細に報じている報道機関はないため、他の手がかりから探すこともできません。

男性教諭は誰で名前特定か?

不祥事を起こした男性教諭についても、60歳であること以外、具体的な人物像については記載されていません

2010年4月に赴任してきた教師であることは記載されていますが、顔写真はもちろん、名前なども不明です。

教育委員会は給与を10分の1にする減給処分と、100万円程度の給与の返還を求めるとのことですが、世論からは懲戒免職が相当とする厳しい意見が多数を占めています。


追記

新しく公表された情報によると、この男性教諭は『良くないという認識はあったものの、やめられなかった』とコメントしているといいます。
自分の意思や理性でたばこを吸いたいという欲求が押さえきれなくなってしまうというのは、ある種の中毒症状である可能性も考えられます。

ちなみに、ネットで話題になっていた具体的な喫煙回数をどのように測ったのか?という点についても、部活動の日誌から計算したものと公表されました。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

処分を受けた人は、何か他にあるのでしょうか?
誰が3442回数えたのでしょうか、
数えた人の執念を感じざるを得ないです。

長期に亘り目をつけられていたんだね!でももう定年で教師人生にさして影響ない。逃げ切れなかった悔しさはのこるかもたけど

首でしょ普通。公務員をやめさせるのって、特に役所の職員は難しい。こんなに中抜けをしても、ただの減給処分なんだ。おかしいでしょそれ。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。