【逮捕】ゲーム動画配信業の35歳の男(名古屋市中川区)って誰?名前は?

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

自称、ゲーム動画配信業をしているという名古屋市在住35歳の男性が少女へのみだらな行為をしたとして逮捕されました。東海テレビなどによると、以下のように報じています。

14歳の少女にみだらな行為をしたとして名古屋市中川区の自称・動画配信業の35歳の男が逮捕されました。
逮捕されたのは、名古屋市中川区小本本町に住む自称・ゲームの動画配信業の35歳の男です。

男は3月29日、名古屋市内のホテルで未成年と知りながら14歳の少女にみだらな行為をした愛知県青少年保護育成条例違反の疑いがもたれています。

警察によりますと、2人は3月27日に出会い系アプリで知り合ってSNS上で連絡をとり、29日に男が少女を誘って犯行に及んだということです。
その日のうちに少女の母親が警察に相談したことで事件が発覚し、30日、男は自宅前の路上で逮捕されました。

このような事件が頻発している中で、自称『ゲーム動画配信業』と証言しているところに注目があつまり、話題となっています。


逮捕された『ゲーム動画配信業の35歳の男』(名古屋市中川区)は誰なのか?名前は何?

今回の報道で特徴的なのが、名前を伏せているという点。

35歳ともなれば実名報道は普通です。

しかも、この男性は警察の取り調べに対して容疑を認めているということを踏まえると、さらに実名報道をしない理由が分かりません。

東海テレビやFNNなどの報道で、『ゲーム動画配信業の35歳の男』と呼ばれる男性の名前は一体なんなのでしょうか?

一般的に、近年の流れで言えば『ゲーム動画配信業』=『YouTuber』が想像できます。

YouTubeではゲーム実況やゲーム配信などのチャンネルが流行しており、そのなかで中年の男性というと結構限定されるような気もします。

今後、実名報道がなされるのかに注目しましょう。

ちなみに、ネットの反応などを見ていても、名前を明かすべきだ!という意見はかなり多く見られます。

その一方で、分かりながら男性と会った少女についても責任があるのではないか?という意見もあり、こういう事件が多発することを考えると、未成年に対するネットの使い方の指導を考え直すきっかけにすべきなのかもしれません。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

パパ活で金貰う少女も、出会い系アプリ自体も問題あるし、そっちも取り締まらないとこういう事件はむしろ増え続けそうな気がする。

パパ活で金貰う少女も、出会い系アプリ自体も問題あるし、そっちも取り締まらないとこういう事件はむしろ増え続けそうな気がする。

出会い系アプリを使っていた14歳は何も咎めないんですか?
出会い系アプリ使っているってことはそういうことも想定して利用していると思いますけど?

見た目が大人っぽい中学生や高校生は居るが、結局こんな事がどんな事か考えられない子供だからこうなる訳で。怖い怖い。

見知らぬ男の人に ネットで出会い 実際会いに行く.…って。
これって 稀なことでは無くて 誰にでも普通にあることなのでしょうか。
もしそうだとしたら、その恐ろしさを学校ででも教えないといけないと思う。

女の子の教育もそうだが、
男も若い子が好きなまでは仕方がないと思うが、自制心スキルを磨いて欲しい。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。