スリムクラブ&2700闇営業の仲介人=モノマネ芸人Bは誰で名前を特定?スポニチが報じる

業界の闇

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

今大きな話題を呼んでいる芸人の闇営業問題。

この件について、未だ名前が伏せられているスリムクラブの仲介役を行った人間として、『モノマネ芸人B』という名前が浮上しました。

今回は、この人物が一体誰なのか?

現状で揃っている週刊誌情報などを合わせて考察していきます。


『モノマネ芸人B』とスポニチアネックスが報じる

6月28日付けでスポニチアネックスが以下の通り報道しました。

事務所を通さずに行う闇営業では“闇の仲介人”の存在がある。14年12月に詐欺グループの忘年会などを仲介して吉本興業から契約解消されたカラテカ入江。今回のケースで「スリムクラブ」や「2700」に声を掛けた“闇チュー”はモノマネ芸人Bだった。

出典:スポニチアネックス

関係者は「本業ではあまり売れていないので、つい闇営業のうまみにはまる。仲介で利ざやを稼ぐことがある。そんなことを繰り返しているうちに素性のよく分からない人物とも軽い感じで仕事をしてしまう」という。知らず知らずのうちに反社会的勢力につけ込まれる実態。そこには闇営業の本当の“闇”が隠れている。

出典:スポニチアネックス

吉本興業がスリムクラブの無期限謹慎処分を発表したコメントの中で、『他事務所所属芸人の紹介で』という1文があり、当初からこの仲介を行った人物が誰なのか?という噂が絶えませんでした。

そのなかでの今回のスポニチアネックスによる報道で、実名報道もすぐそこに迫っているのかもしれません。

スリムクラブ&2700闇営業の仲介人=モノマネ芸人Bは誰で名前を特定?

では、今まで出た情報を整理しつつ、仲介役がだれなのか?を考えていきましょう。

フライデー、吉本興業、スポニチアネックス、その他週刊誌&スポーツ誌の情報をまとめると、仲介役の特徴は以下のとおりです。

・吉本興業とは別の事務所
・スリムクラブよりも先輩の芸人
・モノマネ芸人
・本業のモノマネではあまり売れていない
・パーティの主催者(稲川会幹部)と過去にも仕事をしたことがある

現在のところ、確証が得られている情報はこのくらいです。

ネットではこのような投稿が相次いでいますが、内容が内容なだけに、確証が得られていない段階で個人名を出すのはよくありません。

名誉毀損の罪に問われる可能性もあるので、注意しましょう。

結果、残念ながら、この程度の情報ではまだ特定までは漕ぎ着けませんが、徐々に情報が出てきている状況です。

ちなみに、仲介役については他のメディアでも有力な情報が公開されています。

以下の記事も合わせて参考にしてください。

スリムクラブが闇営業で謹慎処分(活動禁止)!他社事務所所属芸人=仲介者(紹介者)は誰で名前を特定?

2019.06.27

スリムクラブはわずか15万円でキャリアを白紙に

同じく、スポニチアネックスの報道によれば、スリムクラブが受けたっとされるギャラについても言及しています。

スリムクラブは2人合わせて「15万円」ほどのギャラで全てのキャリアが白紙となってしまった。

出典:スポニチアネックス

記事のなかでは、内間さんが購入したとされる東京世田谷の一軒家のローンの支払いについても言及。

どうやら毎月20万円ものローンが74歳まで残っているということで、無期限謹慎処分となった内間さんにとってはかなり厳しい状況と思われます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。