【ストーカー】江夏詩織(su不倫相手)が大塚愛に嫌がらせ?フライデー報道と現在!捨てられた噂は本当?

業界の闇

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

ストーカー不倫という言葉で大々的に報道されたのがリップスライムのSUさん。その不倫相手であったとされる江夏詩織さんがバラエティ番組に出演し話題をよんでいます。スポニチアネックスなどによると以下のように報道。

お笑い芸人の今田耕司(52)が15日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に出演。18年に歌手の大塚愛(36)と離婚した「RIP SLYME」SU(45)との不倫交際疑惑を報じられたモデルの江夏詩織(23)について語った。

SUは17年4月に22歳下の江夏との不倫交際疑惑を週刊誌に報じられ、昨年11月に大塚と離婚。番組では、江夏が深夜に大塚の自宅インターホンを鳴らすなどの嫌がらせを行っていたとする一部報道を紹介した。

過去のこの番組でも江夏との共演経験を明かしていた今田は「10代の時に仕事したことあるけど、明るい子やったけどな。そんなことするような子には見えなかった」と神妙な表情。「でも、やっぱり女性のタレントさんは急に変わる時があるよね。何かで傷ついてキャラが変わるというか、夢持ってキラキラして入ってきて、仕事なのか彼氏なのか分からんけど、急に以前のキラキラ感がなくなることが(ある)」と持論を語り、「男以上にいろんなストレスがあるんだと思う。俺らはお笑いやから事務所からガチガチに管理されることはない。規制が多い時に、同年代の子と比べた不自由さにストレスを感じることはあると思う」と慮っていた。

今回はSUとの不倫が報じられ注目を浴びた江夏詩織さんを取り上げます。


ストーカー不倫!江夏詩織が大塚愛に嫌がらせ?

冒頭でも紹介したとおり、SUの不倫相手だったとされる江夏詩織さんは大塚愛に対して執拗な嫌がらせを行ったとされています。

番組ではこの嫌がらせをストレスや精神的不安定さのせいにするような感じがありましたが、世論の声としては『ストレスのせいではなくもともとの性格でしょ?』という厳しい声が相次いでいます。

嫌がらせは上で紹介した深夜のインターホン以外にも、SNSを通して大塚愛さんに必要なメッセージを送っていたとも言われています。

この他にも、大塚愛さんがアップした写真と同じポーズをしてSNS上にアップしたり、大塚愛さんの人気曲『さくらんぼ』を連想させるように『さくらんぼだいすき』などというコメント付きの投稿なども目立っており、ネット上では『こわい。。。』と噂になりました。

View this post on Instagram

さくらんぼだいすき

江夏詩織さん(@shiori_enatsu)がシェアした投稿 –

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

大塚愛さん元夫と別れて本当によかったと思う。

不倫相手のいやがらせがエグすぎて、警察にまで相談したでしょう?

規制が多いとかストレスとか言ってるけど、江夏さんがしてることは犯罪に近いからなぁ。全く同情できない。

夫婦の間に入って奥様に嫌がらせをしたらいかん。
夫婦は「婚姻届」にサインをして認められた関係性であり、嫌がらせをした人は当事者たちは気持ちが盛り上がっているのかもしれませんがサインをしていない法律上関係性を認められていない人。
自分の立場を見極め、そんな幼稚な事をしてはならない。

だからといって嫌がらせの言い訳ににはならないと思う。

ストレスでもなんでもなく元々の性格だと思うけどな

フライデー報道と現在!捨てられた噂は本当?

SUと江夏の不倫が報じられたのは2017年の4月。週刊誌フライデーが2人で歩く姿をスクープしました。

その後、SUと大塚愛の間では離婚が成立し、SUと江夏の恋愛に世間の注目が集まりました。

しかし、そんななかで2019年1月25日にまたまたフライデーによって衝撃の報道がなされたのです。それが内藤陽子氏との熱愛。

その内容によると、SUは大塚愛との離婚以前から内藤陽子とすでに不倫関係にあったとされています。

つまり、SUは江夏とだけではなく、内藤陽子とも不倫をしていた3股状態であったことが明らかになったのです。

江夏とSUの恋愛関係について、現在は破綻しているとする見方が強いですが、まだまだSUを中心とする女性問題は波乱を呼びそうです。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。