【死因は病気?】フランコゼフィレッリ監督が死去で現在(近況)は?

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

イタリア映画界の名監督として知られるフランコ・ゼフィレッリ監督が死去しました。

共同通信などによると、以下のように報じています。

フランコ・ゼフィレッリ氏(イタリアの映画監督)ANSA通信によると、15日にローマの自宅で死去、96歳。死因など詳細は伝えられていないが、長く病気を患っていたという。

23年、中部フィレンツェ生まれ。シェークスピアの戯曲を映画化した「ロミオとジュリエット」(68年)や、半自伝的作品とされる「ムッソリーニとお茶を」(99年)が代表作で、オペラの名演出家としても知られた。

映画関連メディアを中心に、日本でも各紙がゼフィレッリ監督の訃報を伝えています。

ただ、死因については詳細は明らかにされておらず、一部ではそこに注目が集まっています。


死因は病気?フランコゼフィレッリ監督が死去

報道にある通り、イタリア映画の名監督としてしられるフランコ・ゼフィレッリ監督が死去しました。

死因については詳しく報じられていませんが、どうやら病気を患っており、長年闘病生活を送っていたとのことです。

ローマにある自宅で息を引き取ったということで、晩年は静かに自宅療養を行っていたと思われます。

現在(近況)の活動は?

フランコ・ゼフィレッリ氏といえば、かの有名な大天才『レオナルドダビンチ』の血を受け継いでいるということでも話題になりました。

2016年にイタリアの研究チームが発表したところによると、協会などに眠る家系図を調べた結果、ダビンチの兄弟の血を受け継ぐ家系であることが明らかになったということです。

直近のニュースとしてはこれくらいですが、2002年には『永遠のマリア・カラス Callas Forever 』という作品を撮影しています。

この作品が、彼にとっての最後の映画作品になったようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。