【死因:病気(ガン)】アンナカリーナが死去 現在の配偶者(夫)は誰?

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

フランスの女優で、数々の名作映画に出演したアンナ・カリーナさんが死去しました。

若い頃から端正な顔立ちとその美貌で人気を博し、晩年になってもその美しさは衰えることのない女優さんでした。

今回は突然の訃報が報じられたアンナ・カリーナさんについて取り上げます。


死因:病気(ガン) アンナカリーナが死去

今回の件について、エイガドットコムなどは以下のように報じています。

ジャン=リュック・ゴダール監督作「女は女である」「気狂いピエロ」などに出演した女優のアンナ・カリーナさんが12月14日(現地時間)、ガンのためパリで死去したと所属事務所が発表した。79歳だった。

1940年生まれ、デンマーク・コペンハーゲン出身。モデルとしてキャリアをスタートし、60年にジャン=リュック・ゴダール監督の「小さな兵隊」に主演し、61年にゴダール監督と結婚。「女は女である」(61)で、第11回ベルリン映画祭で女優賞を受賞した。64年にはゴダールと共同で映画製作会社「アヌーシュカ・フィルム」を設立。65年にゴダール監督とは離婚したが、「はなればなれに」(64)、「アルファヴィル」(65)、「気狂いピエロ」(65)など67年まで数多くの作品に出演し、ヌーベルバーグのミューズとして知られる。アニエス・バルダ、ルキノ・ビスコンティ、ライナー・ベルナー・ファスビンダー、ジョナサン・ドゥミら名匠たちとの仕事のほか、舞台女優や歌手としても活躍した。

出典:エイガドットコム

報道にある通り、アンナ・カリーナさんが亡くなりました。

死因はガンということですが、どのようなガンだったのか?という詳しいことは公表されていません。

アンナ・カリーナさんの訃報はNewYork Timesなどでも大きく報じられています。

NewYork Timesの公式報道はこちら

彼女の訃報が世界中で大きく報じられており、各方面から哀悼の言葉が送られています。

現在の配偶者は誰=夫は誰?

アンナ・カリーナさんは過去に4度の結婚歴があります。

1度目は1961年に結婚したフランスの映画監督であるジャン=リュック・ゴダール氏。

2度目は1968年に結婚したPierre Fabre氏。(具体的に何をしている人なのかは不明)

3度目は1978年に結婚した俳優のダニエル・デュヴァル氏。

そして、現在の夫でもあるMaurice Cooks氏です。

出典:zimbio.com

こちらはカンヌのレッドカーペットをアンナ・カリーナさんと共に踏むMaurice Cooks氏の姿です。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

アンナ・カリーナといえば、小悪魔的な魅力でゴダール作品に欠かせない女優でしたが、同時に極めて魅力的なファッションアイコンでもありました。シンプルなフレンチシックスタイルや小粋なヘアメイクの魅力は彼女なしには語れないでしょう。
アンナ・カリーナという名を付けたのがココ・シャネルだということも相まって、これからもファッション・アイコンとして語り継がれると思います。

まだ79歳だったのですね。ゴダールのヒロインの中では一番危うい魅力のある女優さんでしたね。ご冥福をお祈りします。

とても美しい女優。

晩年も自然体のまま、無理な整形をせずにそのままの姿で、美しいと思う。
オードリーも老いをそのまま受け入れた。
彼女も老いをそのまま受け入れた女性。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。