【死因:病気(乳がん)】園田小波が休載→死去 結婚した旦那(夫)や顔写真(画像)は?

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

少女漫画雑誌である「りぼん」などで連載を持っていた園田小波さんが亡くなりました。

享年42歳というこで、非常に若いお別れに悲しみの声が多く聞かれます。

1995年のデビュー作から、約25年ファンに愛され、子供の頃に彼女の作品のファンだったという人も多いのではないでしょうか。

今回は、突然の訃報が報じられた園田小波さんについて取り上げます。


園田小波さんが休載から死去、死因は乳がん

今回の訃報について、スポニチアネックスなどによると以下のように報じています。

漫画家の園田小波さんが8月4日に乳がんのため死去したことが分かった。兵庫県出身、42歳だった。

2003年から「チョコミミ」を連載をしていた「りぼん」(集英社)の公式サイトで発表されたもの。また、園田さんの公式ツイッターでも「りぼん公式ホームページにて発表がありました通り、8月4日園田小波が永眠したことをお伝えします。りぼんで『チョコミミ』を15年に渡り連載させて頂きました。完結させることが出来なかったのは残念ですが、皆様これまで『チョコミミ』及び園田小波を応援して頂きありがとうございました」と報告している。

園田さんは1995年に「ハイテンション・アワー」でデビュー。2003年から連載の「チョコミミ」は、07年にテレビ東京系で寺本來可、増山加弥乃らが出演しドラマ化された。

園田小波さんが8月4日に亡くなっており、死因は乳がんで闘病の詳細などは報道されておりません。

発売中のりぼん9月号では、体調不良のため休載していたことがわかっています。

デビュー作は「ハイテンション・アワー」で第302回りぼんNEW漫画スクール努力賞受賞をし1995年りぼん早春のびっくり大増刊号に掲載されました。

代表作でもある「チョコミミ」は平成16年4月がら掲載がはじまりました。

女の子が気になる友情と恋愛そしてお洒落にわたるまでのストーリーを盛り込んだ他にはないギャグ&ショートが読み手の心を掴んだ作品でした。

りぼんの編集部の皆さんからのコメントを読むと本当に愛されていたことがわかります。

また、園田さんはツイッター上でファンの方々と感想のやりとりをされたり、りぼんが主催するイベントなどに園田さん自身も足を運ばれたりととてもファンを大切にされている作家でもありました。

園田小波さんが結婚した旦那(夫)や顔写真(画像)は?

旦那さんの詳細情報や顔画像は見つけることができませんでした。

園田小波さんのプライベート情報についてはほとんど公開されていないようなのですが、結婚はしています。

その証拠にインスタで娘さんのために作ったハンドメイドの作品を公開したりしていました。

このツイッターは2015年のものですので現在は10歳くらいのお子さんがいらっしゃっるのではいでしょうか?

娘さんのために作ったエプロンを自分でも喜んで写真をアップするなど、ほのぼのとした結婚生活が想像できます。

ネットの反応

今回の訃報を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

娘が大好きで単行本全部持ってます

22歳になってもまだチョコミミは本棚に並んでます
今はバイトに出てますが 記事を読んだらショックを受けるでしょう


残念です お悔やみ申し上げます

乳ガンで若くして亡くなる方多いですね、とても残念です。マンモグラフィーがもう少し浸透すると良いのでしょうか…。ご冥福をお祈りします。

若すぎる!!
漫画家さんや声優さんは短命な人が多いような?
そして乳がん、確実に増えている気がする。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。