フランシスコガルシア監督(サッカー)が死去死亡で死因は白血病?wikiや経歴

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

スペインのクラブチーム『アトレティコ・ポルターダ・アルタ』の監督であったフランシスコ・ガルシア氏が死去し、大きな話題となっています。

フランシスコ・ガルシア監督は若干21歳でクラブチームの監督に就任しており、将来有望な指揮官として注目を集めていました。

今回は突然の訃報が報じられたフランシスコ・ガルシア監督について、詳しく取り上げていきます。


フランシスコガルシア監督(サッカー)が死去死亡で死因は白血病?

今回の訃報について、ネットサッカー情報メディアのFOOTBALL CHANNELは以下のように報じています。

スペインのマラガに本拠地を置くアトレティコ・ポルターダ・アルタがインスタグラムを通じ、チームの指揮官を務めていた21歳のフランシスコ・ガルシア氏が新型コロナウイルスに感染したことで死亡したと発表。

クラブは「今日、残念ながら私たちの元を去ったフランシスコ・ガルシア監督の家族、友人、親しい人々に向けて哀悼の意を示したいと思う」とコメントしている。英紙『エクスプレス』はスペインの保健当局の情報として、白血病を患っていなければ新型コロナウイルスによって死ぬことはなかったと伝えている。

中国・武漢を発生源とする新型コロナウイルスは世界中に広がっており、スペインでも感染者数が増加していた。この事態を受けてリーガエスパニョーラは今後2週間にわたって試合を中断することが発表されている。

報道にある通り、フランシスコ・ガルシア監督が21歳という若さで旅立ちました。

白血病を患っていたことと、世界的に流行している新型コロナウイルスに罹患していたことなどが記載されているものの、明確な死因については公表されていません。

ネットでは今回の訃報で『新型コロナウイルス=脅威』というイメージが更に強くなっているようですが、彼は白血病という深刻な持病を持っており、これによって大幅に免疫力が衰退している状態で感染したことが死に至った大きな理由と考えられます。

フランシスコガルシア監督の経歴やwiki情報

フランシスコ・ガルシア(Francisco Garcia)は、アトレティコ・ポルターダ・アルタ(Malaga club Atletico Portada Alta)のユースの監督を務めていました。

具体的には、インファンティルA(U-12~U-13)の指導を担っており、地元では将来有望な指導者としても有名でした。

ただ、その一方で若くして白血病を患っていることも知られており、闘病生活を送りながら監督としての仕事をこなしていたようです。

ガルシア氏は、現地時間の15日20時に息を引き取ったと報じられており、コロナウイルスへの感染はその数日前だったといいます。

これを見ると、持病を持っている人はよりシビアに対策をしていかなければならないウイルスだと言えるでしょう。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

もちろんコロナも死因の1つだろうけど、白血病とどちらが割合が大きいんだろう。
持病のある方は本当に気をつけてください。

ご冥福をお祈りします。

21歳の若さで監督ってかなり有能な人だったのかな。

ご冥福を祈ります。若い人でも持病持ちの人は本当に気をつけるべきです。

スポンサードリンク