【少年院?】朝倉未来=豊橋の喧嘩番長の経歴や嫁 剥奪の理由は?

スポーツ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

2018年8月12日に行われた格闘技イベント「RIZIN.12」のデビュー戦で会場を沸かせた朝倉未来選手が注目を集めています。彼は豊橋の喧嘩番長と呼ばれ、地元では喧嘩負けなしという伝説を作り上げた男です。

そんな彼は地元で札付きの悪であったということもあり、プロデビュー後も少年院に行っていた過去や武勇伝などの経歴に関する噂が多くささやかれています。

そこで、ここでは今大注目の若手格闘家である朝倉未来選手について取り上げます。

スポンサーリンク


少年院の過去って本当?朝倉未来=豊橋の喧嘩番長の経歴や嫁

これから注目を集め、プロの格闘家として多くの観客を魅了してくれるであろう朝倉未来選手の経歴を見ていきましょう。

以下、RIZINの公式ホームページから基本的なプロフィールの引用です。

名前:朝倉未来(みくる)
出身地:愛知県
生年月日:1992年7月15日
身長:177cm
体重:66.0kg
所属:トライフォース赤坂

可愛らしい名前とは裏腹に、学生時代から喧嘩の毎日。

当時は地元でも知らない人はいないほどの悪だったそうです。同じくRIZINで注目の若手選手朝倉海選手は未来選手の実の弟です。

中学・高校時代は、刺激と強者を求めて喧嘩に明け暮れる日々を過ごす。あまりの喧嘩の強さに敵無し状態となり、禅道会豊橋道場に入門。12年にDEEP CAGEIMPACT浜松大会に出場し、板垣守計を1R53秒KO勝利で華々しく総合格闘技デビュー戦を飾る。

RIZIN公式ページでも喧嘩については触れられており、相当荒れた毎日を過ごしていたようです。

ここで気になるのが少年院の噂。ネットを中心に噂されているのが高校時代に少年院に入っていたというものです。これは本当なのでしょうか?

実際に本人のコメントや信頼できる一次情報を探してみるとありました。以下、日刊サイゾーのインタビューに答えた未来選手本人のコメントです。

記者 警察に捕まったことはありますか?

未来 ケンカだけじゃなく、無免許で毎日バイクを乗り回してましたから、マークされてたらしく、ある日、家に帰ったら、四方八方から警官が出て来て、捕まえられました。で、16歳から少年院に1年半入って、出て来てからもちょこちょこ暴れてたんですけど、強くて有名になりすぎてたから、そのうちケンカの相手をしてくれる奴がいなくなり、寂しくなっちゃって……。ちょうどその頃、『THE OUTSIDER』 の存在を知り、じゃあ格闘技の世界で暴れてやるかと思ってジムに通い始めたんですよ。

この通り、少年院の噂は本当だったようです。

また、結婚(嫁)についても噂されていますが、公式発表ではまだ未婚です。

恋愛事情やプライベートに関する内容は公式発表があり次第追記いたします。

Ryoとの試合の謎 なぜ無効試合に?剥奪の理由

スポンサーリンク

『THE OUTSIDER』でも、『ROAD FC』でも素晴らしい戦績を残している朝倉未来選手。

しかし、過去に一度だけ結果の良くわからない試合がありました。それが2016年3月27日に行われた『THE OUTSIDER』での試合です。

対戦カードは以下の通り。

65-70kg級タイトルマッチ

ジェネラルキャンサー
朝倉未来(チャンピオン)

VS

柔道四段 格闘技界のトリッキー・ガチャピン
Ryo(65-70kg級2位)

試合は白熱し、乱打戦が序盤から繰り広げられていました。

しかし、2ラウンド中盤、朝倉の踏み込みにRyoが思い切ったタックルを仕掛けます。

その状態からフロントチョークが完璧に決まり、朝倉のギブも目の前という雰囲気。

ただ、全く逃れられないものの、朝倉は降参する気配を見せません。

その瞬間、『THE OUTSIDER』の代表を務める前田日明代表からタオルが投げられました。

これにより、朝倉選手はTKO負けという判定になったわけですが、朝倉選手は納得いかない様子。

試合はRyoのTKO勝ちということで、ベルトもメダルも授与されました。そんな勝利演説で以下のように語ります。

「『ちょっと待てよ』『なんだよ、あれ!』って思う奴いっぱいいると思うんだよ。だからさ、もう一回やりゃいいじゃん! ね!? 朝倉、すげえ強えーよ! やっぱさー、みんな勝てなくて、悔しい思いしたんだよね。だから俺、一生懸命やってきたんだよ! だから、今日は勝ちとして、お互いもっと強くなってまたやろう!」

観客もよくわからない展開に納得いかない様子でしたが、試合後にホームページで試合結果に関する重要なお知らせが出されました。その原文が以下です。

朝倉未来選手 VS Ryo選手の試合は、Ryo選手によるノーコンテスト再試合の申し出がございました。
委員会での審議の上、この申し出を受理。以下に裁定が変更されます。

65-70タイトルマッチ 朝倉未来 VS Ryo
変更前/勝者 Ryo 2R2:12 TKO(主催者タオル投入)
変更後/ノーコンテスト

ということで、結果、この試合は無効試合。Ryo選手のベルトはなかったことになったのです。

これをネットでは剥奪の理由は何??と噂になっていますが、このような理由があって無効試合になっていたということです。

あくまでも申し出たのはRyo選手の方からであり、剥奪というより返上という表現が正しいでしょう。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。