亀島一徳のプロフィールとwiki(ウィキペディア)情報!年齢や結婚の馴れ初めと嫁:長井短はハーフ?

エンタメ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

女優の長井短さんと亀島一徳さんが結婚し、話題となっています。ORICON NEWSなどによると、以下のように報道。


女優でモデルの長井短(25)が28日、自身のツイッターを更新し、俳優の亀島一徳と結婚したことを報告した。

長井は「100時間くらい前に結婚しました!! やった~~! 嘘じゃないよ~!お相手はロロの亀島一徳くん! 結婚しても今まで通り、何事も5億%頑張りますので、これからも皆さんよろしくお願いします! びっくりさせてごめんちょ!」とツイート。

これに多くの祝福が寄せられ、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーがツイッターで「最高の結婚だな。お二人とも大好きな役者さんです。おめでとうございます」とつぶやくと、長井も「最高のテレビ作ってる人が最高の結婚って言ってくれたのめちゃくちゃ嬉しい。ありがとうございます!!! 夫婦共々よろしくお願いします!!!」と応じていた。

長井さんは舞台や演劇などを中心に活動していますが、2019年1月には日本テレビ系列で放送された『家売るオンナの逆襲』にも出演。

これを気に、知名度は一気に広がりました

しかし、一方結婚相手の亀島一徳さんについてはほとんど情報がなく、『どんな人??』という書き込みもネットで目立ちます。

そこで、今回は長井短さんの結婚相手=亀島一徳さんについて取り上げます。


亀島一徳のプロフィール(年齢,出身地etc)とwiki(ウィキペディア)情報

亀島一徳(かめしまかずのり)さんは、1986年9月17日生まれの俳優。

2019年現在はロロ(LOLO)という劇団に所属しており、今のところ彼の公式プロフィールはこの劇団のHPしかありません。(Wikipedia情報はなし)

東京出身で、2009年の劇団ロロの立ち上げ当初から所属しているとのことです。

テレビドラマや映画、舞台、CMと幅広く活躍されているようですが、話題作への出演歴がないことで世間ではまだ認知されていないようです。

ちなみに、2016年に放送された「ゴッドタン」第17回 ストイック暗記王には出演していました。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

旦那さんとお幸せに。
名前は初知りでしたがスカッとジャパンや家売る女にも出ていて目とか演技が嫌味ったらしい人だな〜と思いながら見てましたがそれほど演技が上手なんだと思いました
これからも応援してます。

長いのか、短いのか、
すごい名前ですね。
結婚おめでとうございます。

え!長井短結婚したんだ!
カップルとか見ては鬼殺しをストローで飲みながら「クソッ!」とか言ってた子が笑

結婚までの馴れ初めは?嫁:長井短はハーフ

今回、亀島一徳さんの奥さんとなった長井短さんは、その容姿から『ハーフ?』と噂されることも。

彼女自身、両親の国籍や自身のハーフ説について語ったことがないようなので、真相はわかりませんが、東京生まれであることは確かです。

小さい頃から今に至るまで、日本での生活しかしたことがないということなので、ハーフではない可能性が高いでしょう。

ちなみに、彼女自身が作成したプロフィールはとてもおもしろいので一見の価値あり。

1993年、東京都で爆誕。

物心ついてすぐに、両親にSTARWARSを見せられ、少しずつ人生が狂う。

小学校入学後は、クラスの暴君としてドッジボールに熱中する傍ら

ハリーポッターにハマり、「ジェダイか魔法使い」どちらになるか究極の二択が始まる。

苦しんだ末、考える事を放棄し役者を志す。

でもやっぱりお笑い芸人になりたくなる。

この時から背が高かったため、親戚に「モデルになれば?」と言われ

「あたいは芸人になりたいんだよ!」とキレる日々。

(この時期に地元の合唱団に所属し、ここから9年間合唱し続けることに)

中学校入学とともに徐々に性格が暗くなっていき、

ラジオとブログだけが自分の本当の居場所だと感じる病気に。

そして親との抗争の日々。

「高校なんて!行く意味ない!!」

ごめんなさい。

悩んだ末、家から遠い都立高校に通い始めるも、高校デビューに失敗。

都会育ちの同級生を前に、カルチャーショックでさらに暗い人格へ。

また、気になる2人の馴れ初めについてですが、現状週刊誌も本人たちも馴れ初めについては明かしておらず、今のところは不明です。

最新情報が公開され次第、追記させていただきます。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。