【車で事故】高田純次の娘:高田裕子に障害?嫁=勢子の現在

エンタメ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

現在タレントとして幅広く活躍されている高田純次さんが、首都高を運転中に衝突事故を起こしていたことが分かり話題となっています。スポニチアネックスなどによると以下のように報じています。

タレントの高田純次(72)が都内の首都高速道路で乗用車を運転中、衝突事故を起こし、運転していた相手の男性にケガをさせていたことが15日、分かった。

所属事務所によると、4月14日、浜崎橋ジャンクションの合流で、高田の車が男性の車の左後部に衝突。高田はぶつかったことに気付かず、10分間ほど運転を続けたという。そのまま男性も高田の車を追跡。天現寺出口から一般道に出たところで高田が車を降りると、男性からぶつかったことを知らされた。

男性は頸椎(けいつい)と腰椎の捻挫などで、全治2週間と診断された。高田は事故後、警察からの聞き取り調査に応じたという。現在は男性との間に代理人の弁護士を立てて示談交渉中という。

高田は09年にミニバイクと衝突事故を起こし、昨年3月にも信号待ちの車への追突事故を起こしている。

テレビで見る限り、とてもテンションが高く若い印象がありますが、実年齢はすでに72歳

ネットでは近年の高齢者ドライバー問題と絡めて、さまざまな声が上がっています。


高田純次が首都高で交通事故!車同士が衝突

報道によれば、事故が起きたのは2019年4月14日。

場所は東京都港区海岸にある浜崎橋ジャンクションです。

浜崎橋ジャンクションは中央環状品川線が開通する以前は、首都高屈指の渋滞ポイントとして知られ、現在では緩和しているものの依然として交通量の多いスポットであることに変わりありません。

週刊文春の取材によれば、相手の男性は22歳とのこと。

被害者のAさんが交通事故の様子を詳細に語っています。

左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました

約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てたという。

週刊文春の突撃取材に対し、高田さんは当て逃げを否定しているものの、Aさんの父親は告訴も視野に入れていると発言しているようです。

Aさんの父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」と話した。

※週刊文春より

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

気付かない程度の接触に接触後追跡し話しが出来る程の事故で頸椎と腰椎の捻挫か…
色々な意味で怖い…今後他の場所が痛くなり長引かなければいいが

ぶっけても気づかないとか運転して良い訳ねーだろう人を引き殺す可能性もあるし、1番は金の力で、事故をなかった事にしてくれと話した時点で、この人終わってる

「じゅん散歩」のファンです。
番組が中止になるのは寂しいので、どうか運転は自粛して免許返納してください。ファンとしてのお願いです。

高田純次の娘:高田裕子に障害?嫁=勢子の現在

高田さんは26歳のときに当時同じ『自由劇団』に所属していた勢子さんと結婚。

1984年には夫婦揃って『花王ソフトワンダフル』のCMに出演していましたが、現在は芸能活動などはされていないようで、詳細は不明です。

一方、2人の間には、娘さんがお二人いらっしゃいます。

長女は1976年生れの高田裕子さん。

次女に関しては完全な一般人のために詳細情報は公開されていません。

長女の高田裕子さんはイギリス留学を経て、ロンドンの「kei kagami Ltd」でデザイナーアシスタントとして活躍。

ネットでは、上のように『障害』の検索ワードが出てきますが、これは彼女と同姓同名の漫画家が書いている「恋は突然に/ささやかな過ち」という作品が障害馬術の内容であると言うだけであって、高田純次さんの娘さんとは何の関係もありません。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。