【解散理由】kalafina再結成の可能性!原因はM氏,I女史,梶浦由記,大西一興社長の対立

エンタメ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

人気女性ボーカルユニットとして活動してきた『Kalafina』解散理由が、事務所の人事を巡る対立にあることが分かり、話題となっています。文春オンラインなどによれば、以下のように報じています。

3月13日に発表された人気ボーカルユニット「Kalafina」の解散について、原因はプロデューサー人事をめぐる“大人の対立”だったが、メンバーたちは再結成を望んでいることが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

Kalafinaはスペースクラフト所属のKeiko(33)、Wakana(34)、Hikaru(31)の3人組。劇場版アニメ「空の境界」の主題歌プロジェクトとしてスタートしたグループ。さらに「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/stay night」など数々の人気アニメの主題歌も担当。海外での人気も高く、2016年5月9、10日には中国の音楽祭で最も歴史が古い「上海之春国際音楽祭」に異例の出演を果たし、2018年1月23日にはデビュー10周年を迎え、自身3度目の武道館単独公演を果たした。

Kalafinaを率いたのが、スペースクラフトの女性プロデューサー、梶浦由記(53)。梶浦はKalafinaだけでなく、人気アニメ「鬼滅の刃」などの音楽も担当し、“アニメ界の秋元康”とも称されるヒットメーカー。アニメ以外にもNHKの連続テレビ小説「花子とアン」の音楽など、手掛けたCDの総売り上げ枚数は200万枚を超える実力者だ。

解散の原因は、『いきなり人が変わった』と周囲から話されている大西一興社長です。社長は突然、宝塚歌劇団にのめり込み、同時に社員のI女史を可愛がるようになりました。50代のI女史は、実は宝塚歌劇団出身。社長は目をかけているI女史を上のポジションに引き上げようとしていました。それには梶浦さんをこの業界に引き込み、梶浦さんから尊敬されているM氏の存在が邪魔だった」(別のレコード会社関係者)

※M氏はスペースクラフトの幹部。

同誌は、メンバーの動き次第では再結成の可能性もあり得ると報じています。

今回は、今後の行方に注目が集まるkalafinaを取り上げます。


解散理由!kalafina再結成の可能性?原因はM氏,I女史,梶浦由記,大西一興社長などの人事対立だった

kalafinaが解散を発表したのが2019年3月13日

それから2ヶ月ほどが経ち、当初噂になっていた解散理由が徐々にわかり始めてきました。

文春オンラインの報じた解散理由をひとことでまとめれば、『スペースクラフトの大西一興社長の大幅な方向転換』ということになるのでしょう。

宝塚にいきなりのめり込みだした大西社長は部下のI女史を以上に可愛がり始め、彼女を重要ポジションへの引き上げようとします。

しかし、そのためにはkalafinaの取りまとめ役でもあったM氏の存在が邪魔だったということ。

「梶浦さんはM氏と二人三脚でKalafinaの現場を成功させていましたが、I女史はこれまでの現場のやり方を理解しておらず、梶浦さんとは上手くやれていない様子でした。愛想を尽かした梶浦さんは退社を決意。こうしてKalafinaは道しるべを失ったのです。梶浦さんがいないと、Kalafinaとして活動の予定も立てられず、現実的にKalafinaの活動が不可能な状態になり、2019年3月をもって解散することになったのです」

事務所のつまらない人事対立で、グループが解散に追い込まれるのはファンとしてはなんとも言い難いですね。

ちなみに、そもそもkalafinaのメンバー同士はそこまで良好な関係でも無かったようです。

「解散発表前にKeikoとHikaruの2人は事務所を抜けていました。現在、事務所に残っているのはWakanaだけですが、ソロでも芸能活動を続けたいという理由。特に事務所への恩義があるわけではないみたいです。もともとメンバー同士の仲は良好とは言えず、Keikoは人気にあぐらをかいて、天狗になっていた。その様子を見ていたHikaruとWakanaは彼女を煙たがっていました。しかし、そんな状態でも梶浦さんと、同社幹部のM氏がまとめていた。だからこそ、団結できていたんです」(レコード会社関係者)

今現在はメンバー同士もばらばらになっており、今後の活動が注目されるところですが、彼女たちの動き次第では再結成の可能性もあると報じています。

「バラバラになってしまったKalafinaですが、メンバーは『梶浦さんの下でまたKalafinaとして活動したい』と考えています。事務所に残ったWakanaさんは、今年2月にソロデビューをしたので合流はしばらくは難しいでしょうが、KeikoさんとHikaruさんはすでに梶浦さんを頼って、復帰のチャンスを窺っている状態。Wakanaさんの動き次第では、“Kalafina再結成”の可能性もある」

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

圧倒的な歌唱力は素晴らしい
の一言
でも、拗れに拗れた現状では
簡単に復活出来ないだろうな

梶浦氏次第。お金がないわけでもあるまい。やりたいと思うなら賛同する人集めて事務所作って運営させる事などたやすかろう。

カラフィナの復活、梶浦サウンドの復活、ぜひ見てみたい。氏が復活すれば、氏が音楽を担当する映像作品のヒットは実写アニメ問わずその可能性が高くなるだろう。

ファンは首を長くして待っている。

wakanaさんのソロアルバムを聴きましたが、やっぱり梶浦さんじゃないとなんか違うなぁ、と感じてしまう。
鬼滅の刃のED曲でLisaさんがFiction Junctionとして梶浦さんの曲を歌っているけど、これがKalafinaだったら。。。と想像してしまう。
こんなに梶浦さんサウンドの重要度に気づかされることになるとは。

文春に取り上げられるとはね。
ネームバリューが上がったと感慨深い。
さておきwakanaも退社して新しくまたkalafina やればいいと思うがそんな単純じゃないのかな。

復活しか望んでない。
事務所うんなんじゃなくてまた、カラフィナとしての新曲が、聴きたい。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。