【朝日新聞の悪】吉田清治(慰安婦問題)はなぜ嘘を?死刑と長男(息子)の詳細

海外

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

今なお尾を引いている慰安婦問題の発端とも言われる韓国天安市にある石碑『謝罪碑』。これを立てた日本人=吉田清治が週刊新潮などの記事によって、再度話題になっています。新潮などによると、以下のように報道。


韓国・天安市に「望郷の丘」という国立墓地がある。朝鮮半島から海外に渡って帰国を果たせぬまま亡くなった人たちの墓地で、1976年10月にまず213体を収めて開園。現在は1万体以上が安置され、「安葬申請」はいまも受け付けられている。

パンフレットには「日帝強占期に、本人の意志によらず強制動員された海外同胞たちの帰郷の念を叶える場所」と示され、言ってみれば「徴用工」の墓地だ。徴用工訴訟はさらに拡大していく様相を呈しているが、そのうち韓国がこの墓地を象徴的な場所として持ち出すかもしれない。そしてここにもう一つ、反日の原点ともいえる石碑がある。

あの吉田清治氏の「謝罪碑」である。

済州島の女性205人を強制連行して従軍慰安婦にしたなどの作り話で従軍慰安婦問題の発火点になった吉田清治氏は、1983年12月、慰安婦問題を書いた著作の印税でその碑を作った。「謝罪碑」はハングルと日本語で以下のように書かれている。

〈「日本人の謝罪碑」
あなたは日本の侵略戦争のために徴用され強制連行されて
強制労働の屈辱と苦難の中で 家族を想い 望郷の念も空しく
貴い命を奪われました
私は徴用と強制連行を実行指揮した日本人の一人として
人道に反したその行為と精神を深く反省して
謹んで あなたに謝罪いたします
老齢の私は死後も あなたの霊の前に拝跪して
あなたの許しを請い續けます 合掌

1983年12月15日
元勞務報國會徴用隊長 吉田清治〉


だが2年前、この「謝罪碑」は、奥茂治なる人物によって改変された。元の石板の上に短く3行、

「慰霊碑 日本国 福岡県・吉田雄兎」(原文はハングル)

と刻んだ石板を貼りつけたのだ。「雄兎」は吉田氏の本名である。

吉田氏は2000年に死去したことが明らかになっているものの、その経歴や出自などについては不明な点が多く、今なお話題になることが多々あります。

今回はそんな吉田清治氏を取り上げます。


朝日新聞の悪!吉田清治(慰安婦問題)はなぜ嘘を?

韓国にある謝罪碑を立てた吉田清治氏。

彼は太平洋戦争後に数多くの出版物などで、慰安婦に関する証言を度々していました。

しかし、後の調査によって、この慰安婦に関する証言のほとんどが虚偽または創作であったということが分かり、大きな問題へと発展しました。

吉田氏の証言の大半を記事にして世に広めたのは朝日新聞であり、これが『慰安婦問題を引き起こしたのは朝日新聞だ』といわれる所以でもあります。

日韓関係を揺るがすほどの大問題を引き起こした朝日新聞と吉田氏ですが、虚偽証言であることが話題になると彼は表舞台から姿を消し、消息不明に。(1998年頃のこと)

なぜ嘘をついたのか?何が目的だったのか?に関しては、さまざまな憶測があるものの、本人が証言をしていないため正確なところはわかりません。

ただ、一部では韓国のスパイであったという説が有力視されているようです。

2016年出された月刊正論によれば、吉田氏は生前、ある韓国組織と密会していたことが明らかになったとしています。

取材で興味深かったことの一つは、吉田氏から韓国の「ある組織の人」と接触していたと明かされたという、公安警察の刑事の証言だった。この刑事は「私は聞いた時からKCIAだと思っていました」と話した。KCIAとは当時、国家安全企画部だった韓国の情報機関のことであり、この刑事の推測が事実なら、吉田氏は韓国のスパイか工作員として使われていた可能性すら出てくる。もちろん、裏付ける証拠はまだないのだが、吉田氏が戦前戦後を通じて朝鮮社会と深い関わり合いをもっていたのは事実である。

彼に関する詳しい経歴などがわからないことからも、スパイ説は有力な説であるという声も多くあるようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

この問題の原因となった朝日新聞は潰れて欲しい。

国益を損なう報道を続ける朝日の責任は重大という気がする。良い機会だから廃刊処分にして欲しいと思う。

朝日は日本のフェイクニュースの総本山と言って過言ではない気がする。これを機に朝日に慰安婦関連でかかった費用を全て負担させるようにして欲しいと願う。

死刑って何?死因と長男(息子)の詳細

吉田氏の名前を検索すると、『死刑』という言葉が出てきます。

ただ、すでに死去したことが明らかになっているものの、彼が死刑になったという事実はありません。

死因については明らかになっていませんが、噂として『韓国のスパイであったが、証言の嘘がバレてしまい、どこかの国で死刑になった』というものはあります。

しかし、なんの根拠もない上に、その前提となっているスパイ説ですら事実とは限らないため、あくまでも憶測の域を出ない説です。

ちなみに、彼には息子(長男)がおり、天安市の謝罪碑を撤去した張本人がその息子です。

息子さんは吉田氏が行った数々の証言の罪を償いたいとも話していました。

父が発信し続けた虚偽によって日韓両国民が不必要な対立をすることも、それが史実として世界に喧伝され続けることも、これ以上、私は耐えられません。

吉田家は私の代で終わりますが、日本の皆様、そしてその子孫は後に遺されます。いったい私は吉田家最後の人間としてどうやって罪を償えばいいのでしょうか。今日に至るまでそのことをずっと考え続け、せめてもの罪滅ぼしに決断したことがあります

※産経新聞より引用

この決断というものが、謝罪碑の撤去でした。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。