【慰安婦問題】文喜相(ムンヒサン)議長が天皇陛下への謝罪拒否!韓国とどうなる?

海外

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

慰安婦問題において、天皇陛下に対して謝罪を求めたとして問題になっている韓国の文喜相(ムン・ヒサン)議長。日本はこの問題に対して遺憾の意を表明し、謝罪と撤回を求めていました。

しかし、この度、文喜相(ムン・ヒサン)氏は謝罪を拒否すると表明。徹底対抗する構えを見せています。この件について、聯合ニュースなどは以下のように報じています。

韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長は12日(米東部時間)に米ワシントンで開かれた特派員懇談会で、旧日本軍の慰安婦問題で「天皇の謝罪が必要」という同氏の発言を受けて日本政府が謝罪と発言の撤回を求めていることに対し「謝る事案ではない」と一蹴した。

文氏は「私が言った言葉は普段からの持論で、10年前から話してきたことだ」としながら「根本的な解決方法に関しては今もそのように考える」と説明した。

また、慰安婦問題において最も基本的なことは心からの謝罪だとし、「真摯(しんし)な謝罪の一言で終わることをなぜこんなに長い間ひきずるのかということに私の言葉の本質がある」と述べ、官房長官や首相まで出てくるのは到底理解できないと批判した。

この問題に対してはさすがに許せないとする国民の声も多く、外務省は毅然とした態度で臨む必要があるという意見が大半です。


慰安婦問題=文喜相(ムン・ヒサン)議長が天皇陛下への謝罪拒否!韓国とどうなる?

慰安婦問題はすでに解決済みであるとする日本の見解に対して、外交のテーブルにいつまでも話題を出してくる韓国。

この構図は数十年前から変わりません。

いわゆる『被害者ビジネス』と国内でいわれている韓国のやり口を批判する人は多く、この慰安婦問題についても国内では同様だとする声も多数見受けられます。

今までは外交の場において謝罪を要求したり、賠償を要求してきた韓国でしたが、今回は違います。

一政治家が日本の天皇陛下に謝罪を要求したというのは前例がなく、世界的に見ても波紋を呼ぶ事態に。

この事態に激怒している国民は多いはずです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

謝罪するという概念が無いのでしょう。
この国とは関わってはいけないということが良く分かりました。
このまま許すつもりはないので、覚悟しておくように。

政府間でまともに交渉できない国で邦人が渡航したり、滞在するのは非常に危険だと思う。
災害などの有事に何もできない。
そういう国に対しては、ビザ復活、渡航制限にするのが当たり前だと思う。

この国の国民は、
事の重大さに気が付けないほど、いかれたな。

今の日本を甘く見ない方が良い。

韓国が謝罪・撤回に応じる筈がないでしょう。
安倍さんも覚悟を決めて遺憾ではなく断固たる対応を実施すべきです。

打撃力のある制裁を望みます

韓国は いずれは北朝鮮に呑みこまれます
かってのヴェトナムがそうであったように
交渉相手が代わる前に
強い意志を示すべきです

かの国のここ一連の動きは、一貫した反日教育が主体思想政権で明確に敵国として姿を現した結果です。原因の一つはこれまでの日本の対応が甘かったこともあるでしょう。
国家間のストーカー行為による被害は法によって防ぐことはできません。被害者が関係を断ちたいと願っても安全は守られないのです。
用日で作られた韓流などに惑わされてはいけません。
こちらに痛みを伴うことがあるとしても、子孫のためにも冷静に毅然と徹底的に闘うことも必要です。今がその時なのではないでしょうか。

謝罪・撤回で済む話ではない。
断交どころか、戦争が勃発してもおかしくない案件だ。
どうしてニュースで大きく取り上げないのか不思議でしょうがない。

正直昨日は驚いてる場合じゃないだろと画面見てて思った
日本人の一番深部をえぐられてこの程度の反応はまずいだろうが

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。