【整形/ボトックス】ファムケヤンセン(X-MEN=女優)の顔が激変!現在と若い頃を比較

海外

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

X-MENシリーズに出演していたオランダの美人女優『ファムケ・ヤンセン』さんの顔が変化しすぎ!と話題になっています。Movie Walkerなどによると、以下のように報じています。

「X-MEN」シリーズでジーン・グレイ役を演じたことで知られるオランダ人女優のファムケ・ヤンセン(54)の顔が、来るところまできてしまったようだ。

ファムケと言えば、昨年から数か月おきにパパラッチされるたびに顔が変わったと指摘され「(『ツイン・ピークス』でドナ・ヘイワード役を演じた元美少女スター)ララ・フリン・ボイルに似てきた」「サングラスをかけなくても、わからないかも」「この変化、かなりヤバすぎる」と話題になっていた。

しかし今回はさらに事態が悪化しており、「言われても、同一人物とは信じがたい」「怖すぎる!」「ただただ驚いた」「まだまだいってしまうの?」「ララを上回るかも」「どうしてこんな風になってしまうまでやるのだろう?」「個人差が大きいのか美容整形外科医が悪いのか、かなり悲惨」「これならシワシワ顔の方がまだまし」「ボトックスによるオバケの域に入ってきた」と、衝撃の声が寄せられている。

母国オランダではもちろんのこと、日本でも人気のある美人女優の顔の変化に、多くのファンから落胆の声が聞かれます。


整形?ボトックス?ファムケヤンセン(X-MEN=女優)の顔画像を現在と若い頃で比較!

ファムケ・ヤンセンといえば、X-MENシリーズを初め、ゴールデンアイパラサイト96時間シリーズなどに出演した美人女優です。

そんな彼女は報道にある通り、度重なるボトックス注射の影響で顔が認識不能なほどに変化してしまっています。

こちらが若い頃のファムケ・ヤンセン

スタイルも非常によく、典型的な西洋美人でした。

日本でのファンも多い理由がわかります。

一方、以下が近年のファムケ・ヤンセン

もちろん女優であるため、美しさは健在ですが、外見の不自然さが指摘されています。

一部では『蝋人形みたい・・・』という声も上がっており、若い頃と比べるとファムケ・ヤンセンであることが認識できないという人までいるほどです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

キレイな人だったのに。
勿体無いね。

年相応にシワがあったほうが自然でいいのにね。なまじ金があるから整形(ボトックス含む)してしまい依存症になってしまって変な顔になってしまうんだよな。元々綺麗なかおしてるんだから必要ないのに。

ボトックスではないと思うが、かつてのピンクレディのミーも何気に凄いことになってるような感じがした。

ゴールデンアイの時はホントにセクシーで綺麗だったし、その後X-menまではファムケのままだったけど、たしかにこれはいじりすぎだな。。。もったいない。
年相応にシワがある方が綺麗なのに。

もう少し自然な感じが良いと思うんだが….

ファムケ・ヤンセンさん、昔パラサイトという映画に出ていて、その頃はごく自然な感じの雰囲気で美人さんだったのに、久しぶりに姿見てびっくりしました。
昔の方が良かったな…。

西洋人は老けるのが早いので気の毒ですね。 ましてや美人で売っていた芸能人となれば美形を保ちたいと誰よりも思ってしまうのでしょうね。

この年齢はどういうわけか急に老け込む時期なんですよねー。50代になった途端にあちこち気になるものなんです。更年期になって下っ腹にお肉がついたり。。。綺麗だった頃に戻りたいと思うと化粧品が高価になったり、引っ張り上げてシワを目立たなくしたくなるんです。はぁ…。。。努力してるだけ大したもんです。

ボトックスより首から胸元にかけての、シミのほうが気になる。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。