【韓国?】春川正明(読売テレビ)が巨人国際部長就任!宝塚好きで息子,娘は何してる?

コメンテーター

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

読売テレビ放送報道部解説委員長を務め、報道番組『ミヤネ屋』にもコメンテーターとして出演してる春川正明氏が巨人の編成本部次長兼国際部長に就任することが明らかになり、話題となっています。この件について、デイリーなどは以下のように報じています。

巨人は19日、5月1日付で、編成本部次長兼国際部長に読売テレビ放送報道部解説委員長の春川正明氏(57)が新任すると発表した。

外国人選手のスカウト活動とMLBとの連携を強化するため、球団は編成本部国際部の体制を拡充する。編成本部次長を兼務する新任の国際部長は、海外スカウト活動の総責任者として、アメリカ・ニューヨーク事務所を中心に、北中米やアジア地域の有望な外国人選手に関する情報収集や、チーム事情に即した的確な選手の獲得、さらにはパートナー契約を締結しているNYヤンキースをはじめ、MLBとの関係をより一層充実させる業務を担当する。

現在の津崎勝利国際部長は引き続き、国際部参与として一軍~三軍に在籍する外国人選手の育成・支援を重点的に担当し、獲得した外国人選手の技量・成績の向上に努める。

今回の就任によって、ミヤネ屋への出演は4月26日が最後となるようです。

テレビ出演で広く認知された春川氏ですが、一体どのような人物なのでしょうか?


春川正明(読売テレビ)が巨人国際部長就任!過去には韓国問題も?

今回の国際部長就任で、世論からの声には期待と不安が入り混じっています。

春川氏といえば、報道記者やテレビのプロデューサーなどを経て読売テレビ報道局解説委員長に着任。

テレビのコメンテーターとしてお馴染みでした。

彼は小さい頃から野球が好きで、見るだけではなくプレーをするとも発言しています。

読売テレビのに長年務める春川氏ですが、今回の人事が単なる野球好きという理由から行われたのでは、思ったような結果は出せないのではないか?という声が多く上がっています。

しかし、彼は海外特派員として活動していたこともあり、海外事情についてはかなり詳しいといいます。このことから、一方では未知数ながらも彼に期待したい!という声も一部で上がっているようです。

ちなみに、春川氏は2010年に起きた尖閣諸島中国漁船衝突事件について、ミヤネ屋のなかで発言した言葉が問題となり、謝罪に追い込まれたという過去があります。

「こういうデモに参加するのは一般の人ではない」

彼はこの事件に対するデモ活動の報道のなかで、上記のように発言。

なぜ韓国の肩を持つ?

韓国と何らかの関係があるのか?

とネットでは騒ぎになりました。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

安定した職は捨てたけれど、大好きな世界に飛び込めたのだから本人は楽しくてしかたないだろうな。
未知数ではあるけど、頑張ってほしいと思う。

野球好きは有名。
まさか野球が本職になろうとは、まさに青天の霹靂。
憧れと仕事は別とも言うけど、好きでなきゃ絶対に務まらない大役。
どこまでやれるかわからないけど、期待してます。

とりあえずは海外スカウト資金をいくら読売グループから引っ張れるかが期待されるところだろう。選手を見る眼や交渉力は端から期待させていないと思うよ。

生粋の宝塚ファン!子供=息子,娘は何してる?

春川氏は生粋の宝塚ファンであることを自称しており、2008年に放送されたミヤネ屋で宝塚のトップスターが出演するとなったときには、読売テレビのHPに解説記事として熱量あふれる記事を投稿していました。

なんと今日のミヤネ屋に宝塚歌劇団の3人のトップスターが生出演するのだ。トップスターがテレビの生番組に出演すること自体が珍しいのに、5人いるトップスター(専科にはもう1人いるが)のうち3人も一堂に会するのは特別なことなのだ。花組の真飛 聖さん、雪組の水 夏希さん、星組の安蘭けいさんの3人だ。

私は何を隠そう(隠していないが)宝塚歌劇の長年のファンである。観劇暦45年。今日の放送では、そのことを念頭にいじられることだろう。ソワソワしているのはその為かもしれない。もうすぐ放送だ。今からメイク室でメイクをしてもらい放送に備える。放送後に続きを書くとしよう。(ということで放送後)。

ちなみに、春川氏には1女2男のお子さんがおり、度々解説記事のなかに子供とのやり取りが取り上げられるものの、具体的に何をしているのか?ということについては明らかにされていません。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。