【死因は病気?】原田健二(漫才師/ナンセンストリオ)が死去 結婚や経歴

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

お笑いトリオ『トリオスカイライン』で知られた漫才師の原田健二さんが死去しました。読売新聞オンラインなどによると、以下のように報じています。

漫才師の原田健二(はらだ・けんじ、本名・柿崎清二=かきざき・せいじ=)氏が、3月16日死去。84歳。告別式は近親者で済ませた。

1965年、東八郎らとトリオスカイラインを結成、お笑い界のトリオブームの一翼を担った。その後、「赤上げて白上げて」の旗揚げコントで知られる「ナンセンストリオ」に加入し、メンバーの岸野猛さんと79年、「ナンセンス」に改名。東京漫才のベテランとして、浅草の「東洋館」などに出演した。

(※読売新聞の報道ではナンセンストリオで活躍したとなっていますが、正確にはトリオスカイラインです)

『赤上げて!』というフレーズが耳に残っている人も多く、ネットでも悲しみの声が多く聞かれます。


死因は病気?原田健二(漫才師/ナンセンストリオ)が死去 結婚や経歴

今回訃報が報じられたのは、トリオスカイライン⇒ナンセンスの原田健二さん。

この訃報を速報で報じたのは、冒頭で取り上げた読売新聞オンラインと、デイリーです。

しかし、いずれも死因についての言及はなく、原田さんの最期を気にする声が一部で上がっています。

原田さんについては、病歴などが報道されたこともなく、現時点で死因は不明です。

また、ご結婚されているかどうか、お子さんがいるかどうかについては、公表されている正式な情報はありません。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

「赤上げて白上げて」はナイツがテレビなどでもこのエピソードを度々紹介していたのをきっかけに知った。人気商売だけに大変な事もあったろうが長く現役でいられた事はすごい事だし本人も満足だったと思う。

赤あげて白あげては、幅広い年齢層に知られている。
クイズ番組とかでも時折見るし、福祉の現場でもやってます。
考えた人は偉大としかいえない。
素晴らしい偉業。ご冥福をお祈りいたします。

去年お笑い演芸館で見かけしてガキの頃散々真似したのに、あの一時代を作った偉人とは思わなかった。だいぶ御辛そうなご様子だったけど、なお舞台に立ち続ける姿勢は御立派でした。ありがとうございました。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。