【死因:病気(GIST=消化管間質腫瘍)】萩原健一が死去 嫁:冨田リカと離婚?子供と若い頃の画像

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

名作映画に数多く出演したショーケンこと、萩原健一さんが死去しました。スポニチアネックスなどによると以下のように報じています。


ドラマ「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」など数々の作品で知られる俳優で、グループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルも務めた萩原健一(はぎわら・けんいち、本名・敬三=けいぞう)さんが26日午前10時30分、GIST(消化管間質腫瘍)のため都内の病院で死去したことが28日、分かった。68歳。埼玉県出身。所属事務所が発表した。「ショーケン」の愛称で親しまれ、一時代を築いた。

所属事務所によると、2011年から闘病していたが、本人の強い希望で病名の公表を控えていた。容体が急変し、モデルのリカ(本名・理加)夫人に看取られて息を引きとった。故人の遺志により、葬儀は家族のみで営まれ、27日に都内の斎場でだびに付された。

晩年はほとんどテレビなどには出ず、メディア活動も控えられていました。

そのため、ファンにとっては突然の訃報となり、驚いている人も多いようです。


死因:病気(GIST=消化管間質腫瘍) 萩原健一が死去

報道にある通り、萩原健一さんの死因はGIST(消化管間質腫瘍)です。

死因としてあまり聞き慣れないこの病は、通称GIST(ジスト)と呼ばれており、消化器にできる肉腫の一種とされています。

GIST(ジスト:Gastrointestinal Stromal Tumor)は、胃や腸の消化管壁の粘膜下にある未熟な間葉系細胞に由来する「肉腫」の一種とされ、いわゆる「がん」とは異なります。消化管粘膜下にできる腫瘍はGISTだけとは限らず、良性の平滑筋腫、神経鞘腫や悪性の平滑筋肉腫などもあります。GISTの発症率は年間に10万人に対して1人から2人くらいとされ、まれな腫瘍です。発症には男女差がなく、胃に最も多く見られ、序で小腸、その他の消化管になります。殆どの年齢層に見られますが、中高年に好発(60歳代でピーク)します。

出典:国立がん研究センター

国立がん研究センターの記述にもある通り、いわゆる癌とは異なります。

特有の自覚症状は無いと言われており、発見される頃にはかなり進行した状態で見つかることが多いようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

かっこいい俳優だったが晩年はめっきりテレビでお目にかからなくなっていた。
一報を聞いて驚いた、

今速報で亡くなっていた事を知りました。昭和の名俳優が亡くなってしまうのは非常に残念でなりません。心からご冥福をお祈りしています。

平成が幕を閉じる日が近づくにつれてこういう話が多すぎる。
そんなに急がなくてもいいのに…

ご冥福をお祈りいたします。

嫁:冨田リカと離婚?子供と若い頃の画像

萩原健一さんは、17際の頃にザ・スパイダースの弟分バンド、ザ・テンプターズのボーカルとして芸能界デビューしました。

その頃のお写真がこちらです。

近年のダンディな雰囲気とは違い、細身で華奢な印象でした。

また、プライベートでは2011年にモデルの冨田リカさんと結婚。

この時、既にバツ2だった萩原健一さんの結婚報道は大きく取り上げられ、メディアでは厳しい意見も多く書かれていました。

その大半は『すぐに離婚するのではないか?』というものでしたが、最期まで冨田さんが添い遂げた形となりました。

ちなみに、お二人の間に子供はいないようで、近年は日本とシンガポールを行き来しながら生活している様子が報じられました。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。