【死因は病気?】千家和也(作詞家)が死去 近影(写真)と現在の評価

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

作詞家や小説家として活躍した千家和也(せんけかずや)さんが死去しました。

時事通信などによると、以下のように報じています。

千家 和也さん(せんけ・かずや、本名村越英文=むらこし・ひでふみ=作詞家)13日死去、73歳。
千葉県出身。葬儀は近親者で行った。

山口百恵さんが歌った「としごろ」「ひと夏の経験」をはじめ、麻丘めぐみさんの「わたしの彼は左きき」、キャンディーズの「年下の男の子」、奥村チヨさんの「終着駅」、殿さまキングスの「なみだの操」など70年代のヒット歌謡曲を多数作詞した。アニメ「魔女っ子メグちゃん」の主題歌なども手掛けた。 

多くのヒット作を生み出した千家さんの訃報に、ファンからは悲しみの声が多く聞かれます。


死因は病気?千家和也(作詞家)が死去

冒頭で取り上げたように、作詞家の千家和也さんが死去しました。

時事通信を始め、毎日新聞や産経新聞など各紙が速報で報じているものの、死因について具体的な記載はありません。

闘病生活を送っていたという情報も無く、ファンにとっては突然のお別れになったことでしょう。

近影(写真)と現在の評価

千家和也さんは、日本を代表する作詞家である『なかにし礼』さんに師事し、作詞家の道に進みました。

千家さんが有名になったきっかけの作品が奥村チヨさんの歌う『終着駅』。

この作品で、1972年の日本レコード大賞作詞賞を受賞しました。

彼が生み出した作品はこれまでに数知れず、その多くは今なお語り継がれる名曲ばかりです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。