【刺殺事件】石川哲久(木更津市議会議員)が死去 経歴と事件の詳細!犯人は?

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

木更津市の市議会議員として活動していた石川哲久市議が何者かに刺され死去しました。時事通信などによると、以下のように報じています。

9日午後8時55分ごろ、千葉県木更津市のマンションに住む女性から、「男性が血だらけで倒れている」と110番があった。


県警木更津署によると、同市議の石川哲久さん(71)が12階の自室玄関前に倒れており、病院に運ばれたが死亡が確認された。体には刃物が刺さっており、同署は殺人事件とみて捜査を始めた。

同署によると、帰宅した石川さんの妻が発見し、住人の女性に助けを求めた。

現役市議が刺殺されるという事件だけに、ネット上でも大きな反響を呼んでいます。


刺殺事件!石川哲久(木更津市議会議員)が死去

冒頭に記載したとおり、木更津市議会議員の石川哲久さんが死去しました。

事件現場は千葉県木更津市中央2丁目の自宅マンションであり、第一発見者は妻とのことです。

署によると、男性は妻と2人暮らしで、木更津市議の石川哲久さん(71)とみられ、身元の確認を急いでいる。妻が夕食後に外出し、午後8時50分ごろ帰宅して、玄関付近にうつぶせで倒れている夫を見つけた。

※共同通信より

現役市議がこのような凶悪事件に巻き込まれる事例は珍しく、警察も慎重に捜査を進めているようです。

ちなみに、石川市議は2019年4月にも再選を目指し、精力的に活動していたとのこと。

この活動や再選の見通しなどが影響しての事件なのかが捜査の肝となりそうです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

4月に再選を目指し立候補を予定していた市議の周辺に何かありそうな気がする。

また千葉県。
未解決が多い千葉県警は頭が痛いだろうが、住んでる側はたまったものではない。

刺さったままという所が怖い。凶器を持ち去っていくケースが多いのに。

旧建設省あがりかー
裏があるんだろうなー

どんな動機があったとしても、許される事ではない。一刻も早く犯人を逮捕して、厳罰に処して欲しい。

経歴と事件の詳細!犯人は?

石川市議は千葉県木更津市の出身で、2019年現在71歳です。東京大学の出身で、旧建設省の出身でした。

木更津市のホームページなどによれば、当選回数は1回で、木更津市議会広報委員会副委員長を務めていました。

石川哲久氏については講演会の公式Facebookページが存在していますが、2019年3月10日現在、事件に関するコメントは発表されておりません。

上でも触れましたが、再選が濃厚となった妬みの犯行か?とする見方も強く、警察が慎重に捜査を進めているところです。

犯人像については、今後詳しい情報が追加され次第、追記していきます。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。