【不適切発言】横畠裕介内閣法制局長官の経歴!出身高校&大学は?結婚して子供はいる?

政治家

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

法の番人と言われる内閣法制局のトップを務める横畠裕介内閣法制局長官の発言が物議を醸しています。毎日新聞などによると以下のように報じています。

横畠裕介内閣法制局長官が国会で野党議員の質問をやゆした発言が波紋を広げている。8日には金子原二郎参院予算委員長が遺憾の意を表明し、横畠氏に厳重注意を求める事態に発展した。幕引きを急ぐ政府・与党に対し、野党は引き続き横畠氏の辞任を要求していく方針だ。

「長官の職責、立場を逸脱するもので、誠に遺憾だ。厳重に注意を申し入れる」。金子氏は8日の予算委冒頭、横畠氏を注意した。横畠氏は自身の発言を「行政府にある者の立場を逸脱した誠に不適切なもの」と改めて謝罪し、「今後二度とこのような発言をせず、誠実に答弁していく」と釈明した。

横畠氏は6日の予算委で、安倍晋三首相に答弁を迫った立憲民主党会派の小西洋之氏への答弁で、国会の行政監視機能は「このような場で声を荒らげて発言することまで含むとは考えていない」と述べ、謝罪・撤回に追い込まれた。

内閣法制局は政府提出法案に憲法違反などがないか厳重にチェックする「法の番人」と呼ばれ、法律問題で内閣などに意見を述べる立場だ。そのトップが憲法で「国権の最高機関」とされる国会に対し、批判めいた発言をするのは「越権行為」だ。

政府はあくまでも横畠氏を擁護する方針ですが、野党の反発は今後も強まっていきそうです。

今回は、発言が話題を呼んでいる横畠裕介内閣法制局長官を取り上げます。


横畠裕介内閣法制局長官の経歴!出身高校&大学と結婚してる?

横畠裕介(よこばたけゆうすけ)氏は、1951年生まれの官僚です。

出身大学は東京大学の法学部で、1973年に司法試験に合格し、1976年に検察として任官しています。

出身高校については公式プロフィールに記載がないため不明ですが、東京都の出身であり、かつ東大法学部ということで名門校であることは確かでしょう。

結婚や子供についても公式に記載されている情報は今の所ありません。

なお、横畠氏は平成26年5月に発足した第二次安倍内閣から内閣法制局長官を務めています。

以下、毎日新聞による略歴になります。

横畠氏は検事出身で、2014年5月に次長から長官に昇格。首相の強い意向を受け、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更に貢献した。しかし、解釈変更は憲法学者から「違憲」との批判が根強い。15年6月、安全保障関連法の審議では、同法により集団的自衛権が「限定」行使できるとの政府の主張について「フグは肝を外せば食べられる」とたとえて説明し、物議を醸した。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

国会軽視、野党無視は現政権の「特徴」だからね。
何を言っても、現在は「独裁国家」だからね。

昭和時代は、内閣総辞職から、場合によっては「解散」になったような不祥事事案が続いている。まあ、閣僚が奢るのも無理ないですね。
選んだのは誰ですか?
(棄権した人も、当然ほぼ積極的に選んだ側ですよ~。野党側から見れば0票どころかマイナス1票ですからね)

これを野党が問題にするというなら、野党の予算委員会での質問の仕方はどうなんだ。
声を荒げての恫喝や人格否定、あまりにも酷い。
問題を問い詰めるのはいくらでもやって良いが、恫喝はダメなのではないか。それは質問する側の権利ではない。
それこそ警察の取り調べにおける強要自白と同じだ。今はそれを防ぐ為に録画をしているほどだ。

これはきちんと責任をとらせルという意味で更迭すべきだと思うよ。信賞必罰や立場を越えてやってはいけないことというのをはっきりさせ、それをしっかりと守ることは、為政者としての基本だ。
この行為は明らかに官僚としてやってはいけないことで、これが許されたら、本当に憲政史上に残る汚点で、何でもありの世の中になってしまう。
俺が安倍政権を支持できないの最大の点が、この何でもありという点だ。
世の中の秩序を維持していくものとして、最低限の部分に法があり、それよりも浅いところに、モラル、常識というものがある。それは、法ほど厳格な基準が必要ではないにしても、少なくとも、ある程度の基準は必要だ。それがあるからこそモラル、常識を守ることができ、それを侵したものを批判することができる。
安倍政権は、政権の利益のために、その基準を安易に変えてしまう。これでは社会に対して示しがつかない。本当に憂慮すべきだと思う。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。