【転落死】花柳幻舟(川井洋子/舞踊家)が第三橋梁(めがね橋)で死去 今何してる?と話題

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

過激な活動をしていたことで知られる舞踊家の花柳幻舟さんが死去しました。産経新聞などによると以下のように報じています。

家元制度に反対する過激な活動で知られる舞踊家の花柳幻舟(本名・川井洋子)さん(77)が群馬県安中市の碓氷(うすい)第三橋梁(通称・めがね橋)下の遊歩道で倒れているのが見つかり、死亡が確認された。

安中署によると、2月28日午後5時ごろ、人が倒れていると観光客から110番通報があり、約1時間後に死亡が確認された。持っていたデジタルカメラに、約23メートルの高さの橋の上から遊歩道を撮った写真が残っていた。同署は、撮影中に誤って転落した可能性があるとみている。

花柳さんは日本舞踊の最大流派「花柳流」の名取だったが、「家元制度打倒」を主張して活動し、昭和55年に花柳流の三世家元、花柳寿輔さんに刃物で切り付ける傷害事件を起こして服役。平成2年には、天皇陛下の即位の礼パレードの際、路上に爆竹を投げて道交法違反罪で罰金刑を受け、支払いを拒否して労役に服した。

女優としても数々の映画や「花柳幻舟獄中記」「特別機動捜査隊」などのテレビドラマに出演した。

突然の訃報に、さまざまな方面からショックの声が多数聞かれます。


転落死!花柳幻舟(舞踊家)が死去 家元制度反対と今何してる?と話題

花柳幻舟は1941年生まれの舞踊家、女優です。本名は川井洋子。

事故があったのは群馬県安中市松井田町坂本にある通称めがね橋

この橋は鉄道橋で、碓氷川をまたぐようにかかっている4連のレンガ造りの橋です。

報道によると、デジタルカメラで風景を撮影しようと思った際に、誤って転落した可能性があるということで捜査が進められています。

一時期服役も経験したことのある彼女は、1995年に司法試験を目指していた過去があります。

しかし、禁固刑などを受けたものは弁護士に慣れないという弁護士の欠格事由に当てはまることを知り断念。その後は表立った活動はあまりしていませんでした。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

事故に見せかけた自殺とか。
最後まで爪痕残したかったのかと勘ぐってしまう。

久々のニュースがこれか。端から落ちた原因はわかりませんが象徴的な結末になりましたね。心やすらかに迷わず成仏してください。合掌。

久しぶりに聞く名前でした。昔はお綺麗な方でしたね、行動はともかく。ご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。