【多発性硬化症】アリス紗良オット(ピアニスト)の彼氏は誰?妹も美人で有名

アーティスト

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

人気ピアニストとして知られているアリス・紗良・オットさんが難病を患っていること公表したとして話題になっています。朝日新聞デジタルなどでは、以下のように報じています。

世界的に活躍し、日本でも人気のピアニスト、アリス・紗良(さら)・オットさん(30)が15日、自身の公式サイトで、多発性硬化症と診断されたことを公表した。予定されているコンサートには「意欲を持って臨みます」としている。

ドイツ人の父と日本人ピアニストの母の間に生まれ、ドイツを拠点に活動している。
アリスさんは、英語、ドイツ語、日本語で、検査の間に絶望感に襲われたこと、適した治療法を見いだし今までの生活を続ける決意などをつづった。

公表にためらいがあったことも明かした上で、「特に若くして罹患(りかん)され病気に直面されている方に少しでも同じく勇気を与えることができたら」と記した。

人気ピアニストの衝撃告白に、ファンを中心にネットでも反響がかなり大きいようです。


アリス紗良オットさんが罹患した多発性硬化症って?

今回、アリス紗良オットさんが罹患していると公表した多発性硬化症とはいったいどのような病気なのでしょうか。朝日新聞の報道では以下のように解説されています。

多発性硬化症は、脳などの神経が冒されて手足のしびれや視力低下が起きる自己免疫疾患。難病に指定されている。

また、多発性硬化症の専門サイトでは以下のように記載されています。

脳や脊髄せきずい、視神経のあちらこちらに病巣びょうそうができ、症状が「再発」したり「寛解(かんかい)」したりを繰り返す病気です。

多発性硬化症によって起こる症状は人それぞれで、人によって全く異なるようです。

一例としては、手足の感覚麻痺や運動・歩行障害、精神疾患などがあります。

詳しい症状については明かされていませんが、症状の出方によってはピアニストとして致命的な病になる可能性もあります。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

ピアニストにとっては致命的な病名なのに 公表された勇気はすごい

10年ぐらい前ですが、家族で演奏を聴かせていただいたことがあります。今30ってことはかなり若かったんですね。
大変残念なことですが、これからもずっと私たちの前で素晴らしい演奏を聴かせていただけることを願っています。

20数年前入院していた病院で同じ病名の若い女性がいて、難病の臨床研究のため他病院からも医師が訪れていました。ステロイド剤の大量投与でムーンフェイスになっていたし筋肉がこわばり歩くのも辛そうでした。当時より治療法が進歩しているといいのですが。

アリス紗良オット(ピアニスト)の彼氏は誰?妹も美人で有名

アリス=紗良・オットさんはドイツ・ミュンヘン出身のピアニストで、基本的にはドイツを中心に活動しています。

父親がドイツ人、母親が日本人のハーフです。

1995年に行われたドイツ連邦青少年音楽コンクールで初優勝をして以降、さまざまな国際コンクールで輝かしい実績を残し、世界的なピアニストとして有名になりました。

そんな彼女ですが、結婚も間近なのでは?と噂される彼氏がいるようです。

一部情報によると、彼氏は10年以上前からお付き合いしている指揮者という噂がネット上で広まっていますが、このソースに信憑性がないため真偽のほどは不明です。

また、彼女の実の妹であるモナ=飛鳥・オットさんもお姉さんに引けを取らない美人ピアニストとして有名です。

衝撃の難病告白でしたが、今後姉妹揃って世界的に活躍されることを願ってやみません。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。