【出産,育児で引退】大谷みつほの結婚した旦那は何してる?関東連合との過去

芸能界

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

女優でタレントの大谷みつほさんが事務所の退所を発表しました。事実上の引退となり、オリコンニュースなど各社は以下のように報じています。

女優の大谷みつほ(36)が6日、自身のブログを更新。第1子の育児に専念するため、1月末で所属事務所を退所したことを報告した。

昨年7月のブログで第1子を出産していたことを報告していた大谷はこの日、「いつも応援してくださっている皆さまへ」と題した投稿で「急なご報告ではありますが、2019年1月31日をもちまして、所属事務所を退所致しました」と伝えた。

続けて「出産してからずっと、どのタイミングで仕事復帰しようか考えていました」とし、「しかし、残念ながらこのお仕事特有の不規則なスケジュールなどに対応してくれるシッターさんや託児所を探し当てることは難しく、お互いの両親も遠く離れているため、どう考えても今、役者業をするのは厳しいと判断しこのような決断に至りました」と経緯を明かしている。

育児と芸能界の仕事の両立が難しいとのことで、今回の決断に踏み切ったようです。

今回は、突然の引退発表が話題になっている大谷みつほさんについて取り上げます。


出産,育児で引退!大谷みつほの結婚した旦那は何してる?

大谷みつほさんは、自身の公式ブログ『おおたにさん』のなかで2018年7月30日に出産報告をしています。

当時のメディアの記事が以下です。

タレントの大谷みつほ(35)が30日、自身のインスタグラムを更新。第1子を出産していたことを明かした。

「みなさま、うっすらとお気づきかと思いますが わたくし母になっております」と報告。「いつの間に?ですよね(笑)ご報告が遅れてすみません。ベビーちゃんの人生を考え、詳しく公表するのは控えさせていただきます」と、性別など詳細は明らかにしていないが、それでも出産時期については「#出産しました#だいぶ前だけど」、ハッシュタグをつけて説明した。

彼女は2015年の2月に1歳年上の男性と結婚しており、円満な家庭環境をブログで報告。

ただし、一般人ということもあって詳しい旦那さんに関する情報は触れられておりません。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

事務所って、出産、育児で退所しないといけないほどのものなのか?会社で言えば退職扱いでしょ?休職にあたる扱いはないのかな?

最近は大企業中心に休職・復職制度が整ってきたけど、まだまだ不十分な気がする。

女性からしたら、出産・育児を気に仕事を辞めたかった人は別として、退職せざるを得ないような環境だったり、やりたい仕事に戻れなくなる可能性があると思うと、出産・育児には慎重になるよな…。

まぁ、男性の自分がコメントするのも何だけど、出産・育児奨励策には社会的地位の保護強化は必須だと思います。

会社だと生後半年くらいで保育園に預けて復帰する人もいるけど、2、3年くらい休ませてやればいいのにって思う。
子供にも良くないだろうし、その方が復帰タイミングに選択肢が出来ていいよね。

この方、同世代だけど伝説の教師に出てたよね。昔から綺麗な人だなぁと思ってたけど、結婚してお子さんいるんだ。
今は忙しいと思うけど、少しずつ子どもに手がかからなくなってきたら子育てしながらお仕事もして、両立してほしいな。応援してます!
私も育休もらいながら、春の復帰を目指してます!

関東連合との過去?

ネットでは大谷さんと関東連合に何かしらの関係があったという噂が立っています。

この噂の発端になったのは、元関東連合リーダーの柴田大輔氏が書いた著書『聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション』のなかで、大谷みつほさんの名前があげられたこと。

以下、本の一部を引用。

女の子たちも、通常のキャバクラやクラブでは知り合うことのできない、普通の大学生やモデルやタレントの卵を採用しているというのが売りだった。実際にルックスだけで言えば六本木や銀座のホステスとはくらべものにならないくらいレベルが高く、しかもプロではないホステスというところが新鮮だった。
(中略)
なにしろ女の子のなかには当時現役のタレントとして活動していた大谷允保(現みつほ)が名前を偽って働いていたほどだ。

何と関東連合の息のかかったホステスで、大谷さんがホステスとして働いていた過去があったといいます。

詳細は不明ですが、この本の内容が正しければ何らかの深い関係があったかもしれませんね。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。