【1日1組】麻布十番の会員制レストランはどこで店名HIBACHI?前澤友作&剛力彩芽

プライベート

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

まさかの突然の復縁で世間を賑わせた剛力彩芽さんと前澤友作さん。

二人の動向については各週刊誌がたびたびプライベート写真とともに報じていますが、そのなかでも麻布十番の会員制レストランが話題に。

前澤氏が会員だというこのレストランでは、2人がデートする様子が度々目撃されており、週刊誌でもスクープされたことがあります。

ここでは、1日1組限定という超高級レストランについて、詳しく取り上げていきます。


前澤友作&剛力彩芽の麻布十番会員制レストランをフライデーが報じる

この件について、2020年6月29日配信のフライデーデジタルは以下のように報じています。

10万円以上はするであろう『バレンシアガ』のショルダーバッグを斜め掛けした剛力は、スーパー前で待機していた高級送迎車に近づいた。すると、スーツを着込んだ運転手が素早く車から降り、剛力から買い物袋を恭(うやうや)しく受け取る。さらに運転手は、車のスライドドアをサッと開けた。剛力は運転手に笑顔を見せると、慣れた様子で優雅に後部座席へ乗り込む。車はそのまま、家賃300万円とも言われる前澤氏の高級マンションへ向かっていった。

実はこの少し前にも本誌は剛力を度々(たびたび)、目撃している。彼女が訪れていたのは麻布十番(港区)にある一日一組限定の完全会員制レストランだった。この店で本誌はこれまでに何度も、剛力&前澤氏のツーショットを撮影している。予算は一人当たり6万~8万円、会員は30人ほどと、限られたセレブだけが足を踏み入れることを許される超高級店だ。剛力は会員である前澤氏との復縁を機に、再びこの店へ通うようになったのだろう。

復縁をきっかけに、常人離れした豪遊っぷりを報じたのがフライデー。

2人の関係については、ネットでもさまざまな声が上がっていますが、運転手付きの車や家賃300万のマンション、さらには1人あたりの予算6万~8万の高級レストランという部分を見ると、さすがに反感を買う理由も頷けます。

ネットでは、この報道にもある麻布十番の超高級レストランについて大きな話題になりました。

1日1組限定の麻布十番会員制レストランはどこで店名=HIBACHI?

1人あたりの予算6万~8万である上に、1日1組限定。

そんな庶民感覚とかけ離れた超高級レストランとは、どこの店なのでしょうか。

実は、今回のフライデー報道から1年ほど前にも、このレストランでデートをする2人の様子を同誌が写真付きで報じていました。

その外観などから特定されたのが『HIBACHI』というお店。

ここは鉄板焼料理のお店で、厳選した希少な食材を匠の技で焼き上げる料理が特徴のお店。

大黒坂に面しており、外観は目立つものの、会員制ということもあって知名度は高くありません。

実際、食べログのレビューなどを見てみると以下の通り。

訪問したことがある方の間でも、2人がデートした場所であることはすでに話題になっているようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

オスカー自体、元々タレントの売り出しが下手だったのが経営者一族の評判も悪く、タレントの退所も相次いでいる有様ですが、今更この人に女優として需要があるとも思えないし、末永く2人で仲良く過ごせばいいです。女優だけが人生ではないのですから。

そんなに仕事で結果残してないんだし、引退してももったいない訳じゃない。
オッサンと居るのが幸せならその道を進めばいい。
売れっ子の結婚や引退とは訳が違う。

お互い好きにすればいいが、このご時世どうでもいい話。報道の必要もない。
まぁ、元々剛力は好きではないので早く結婚して引退すればいいと思う。
女優としてもタレントとしてもはっきり言って才能は全く無いと思うので。
ビジュアルも芸能人としては下の方でしょ。

スポンサードリンク