【死因は病気?】黒沢満(セントラルアーツ)社長が死去 最も危険な遊戯,あぶない刑事

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

ドラマ、映画ともに大ヒットしたあぶない刑事シリーズなどを手掛けた制作プロダクション『セントラルアーツ』の黒沢満社長が死去しました。日刊スポーツなどによると、以下のように報じています。

映画「最も危険な遊戯」や、ドラマ、映画「あぶない刑事」シリーズなどを手掛けた映画、テレビの製作プロダクション、セントラル・アーツの黒沢満(くろさわ・みつる)取締役社長が11月30日午前10時47分、東京都八王子市の自宅で、肺炎のため亡くなった。85歳。通夜・告別式は未定。

黒沢さんは早大卒業後、55年に日活入社。3年後に大阪の梅田日活の支配人に抜てきされるなど才能を見せた。日活関西支社宣伝課長をへて、70年、俳優部次長として製作の現場に出た。

71年に日活がロマンポルノ路線へと転換して以降、企画製作の中核として多くのロマンポルノ作品をプロデュースした。撮影所長などを務めた後、77年に日活を退社。同年、東映が新たに立ち上げた東映セントラルフィルム(のちにセントラル・アーツ)のトップに就任した。

往年のテレビ業界や映画業界を席巻した名作を生み出したセントラルアーツのトップの訃報に、悲しみの声が広がっています。

スポンサーリンク


死因は病気?黒沢満(セントラルアーツ)社長が死去

日本映画の陰の立役者としても知られる黒沢氏の訃報は衝撃を受ける人も多いでしょう。

報道にもある通り、黒沢氏の死因は肺炎。東京八王子市にある自宅で息を引き取ったとのことです。

2013年には第59回「映画の日」特別功労章、第67回毎日映画コンクール特別賞なども受賞しており、まだまだお元気な姿を見せていましたが、この度残念な訃報となりました。

ネットの反応

スポンサーリンク

今回の訃報を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

あぶない刑事は私も見てました。
黒澤さんがいなかったらあぶない刑事は、存在しませんでした。あぶデカシリーズに限らず、故・松田優作さんの遊戯シリーズや探偵物語も、黒澤さんが担当しました。これらを手掛けた関係者も、ほとんどが故人となりました。
黒澤満さんのご冥福をお祈りすると共に、心からお悔やみ申し上げます。合掌。

あぶない刑事と言えば、80年代生まれで再放送世代の学校帰り定番ドラマの一つだろう。子供心にもスタイリッシュで豪快な刑事コンビに陶酔して、それから刑事ドラマ開拓した人も多いと思う。かっこいいオープニングに、情緒的で切ない舘ひろしさんのエンディングテーマが懐かしい。出演していた登場人物たちも癖のある人ばかりで、お茶くみ係のお姉さんまで覚えている。そして黒澤さんの名前も必ずあり、今思いかえして偉大な人だったんだと思います。

この方は芸能人ではないから、大杉連さんや
津川雅彦さんなどの著名人が亡くなった話とは異なるが、
黒澤さんが関わった作品は本当に名作が多いと思う。

何より、自分が亡くなる前に「あぶない刑事」シリーズを
完結させることが出来てよかっただろうな~と思う。

・・・相棒は相棒でいいが、そろそろ「あぶない刑事」
のような刑事ドラマの作品を見てみたいな~

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。