キラキラAsoboxの倒産理由=新型コロナ?エアタワ運営会社が自己破産を申請

ビジネス

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

都内を中心に展開していたゲームセンター『キラキラAsobox』の運営会社が倒産したことが報じられ話題となっています。

キラキラAsoboxは秋葉原や横浜などに店舗を出店しており、一部の利用客から根強い支持を受けていました。

今回の倒産理由に新型コロナウイルスが影響しているとされ、大きな注目を集めています。


キラキラAsobox・エアタワ運営会社が自己破産を申請

帝国データバンクなどによると、以下のように報じています。

(株)エターナルアミューズメント(TDB企業コード:989652953、資本金4800万円、東京都千代田区岩本町3-3-5、代表藤澤義仁氏)は、3月18日付で「廃業のお知らせ」を掲示、今後、3月下旬に東京地裁へ自己破産を申請する意向。

当社は2007年(平成19年)6月に設立。総合アミューズメント施設「キラキラAsobox(アソボックス)」やアニメ雑貨販売店「Anibox(アニボックス)」を全国に約100店舗出店するほか、クレーンゲーム機を主体におみくじマシン、パチスロマシンなど100種超のアミューズメント機器のレンタルや卸、アミューズメントコーナー運営、景品卸を展開。当社のアミューズメント機器はショッピングセンターや温泉スパ施設、カラオケ店など全国約1000カ所に設置され、売り上げを設置店と当社で定率分配することを特徴としていた。近年は他社からの営業譲渡で直営店舗が増加し、2019年5月期には年収入高約68億2700万円を計上していた。

しかし、一方で積極的な出店により商品在庫が重荷となるなか、2019年10月の消費増税によって店舗の売り上げが減少、昨年末から取引先への支払い遅延が頻発していた。

報道によれば、店舗の売上減少と不良在庫を抱えたことにより、自己破産となったということです。

負債総額はおよそ68億円とされており、想像以上に大きな規模の破産となりました。

メディアの報道ではキラキラAsoboxと報じられていますが、秋葉原をよく利用する人にとっては『エアタワ』と言ったほうが馴染み深いかも知れません。

今回倒産を発表したエターナルアミューズメントは、エアタワこと、『エターナルアミューズメントタワー』の運営会社でもありました。

キラキラAsobox・エアタワの倒産理由=新型コロナ?

帝国データバンクに公表された情報を見ると、2019年10月から徐々に売上が減少していたと記載されています。

このことから、ネットでは『新型コロナウイルスが原因というのはおかしいのでは?』という声が一部で上がっています。

確かに、売上の減少は新型コロナウイルスだけでは無いと思われますが、自己破産を決定した最終的な理由は新型コロナウイルスによる来客数の大幅な減少。

そのため、新型コロナウイルス関連倒産と表現されているわけです。

ちなみに、そもそもの来客数減少の理由は、タイトーやセガ、ナムコ、ラウンドワンなどの大型店舗の台頭により、顧客を獲得できなくなっていったためと言われています。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

このゲーセン、
地元にあるゲーセンが入っては潰れ入っては潰れしてたとこに店を構えてて
遅かれ早かれ閉店だなと思ってたけどまさか大元が飛んでしまうとは
急に店舗増やしたいからってド田舎にまで店を出すからだよ
出店しないと銀行からお金出ないとかあったんだろうけど

この三連休は、都内のゲーセンもカラオケも若者でいっぱいだった。
飲食店もそうだけど、繁盛してるとなぜかコロナのリスクを忘れて安心
できそうなんだよね。逆に客がいないと避けたくなるし。

2014年5月期以降悪化してたのにコロナで倒産は違うのではないでしょうか?トドメをさしたのがコロナだとしても元々資金繰りが悪化してたみたいですし、

昨年10月の消費増税で売り上げ減少、年末から取引先への支払い遅延が頻発していた。とありますし、コロナだけが原因じゃないのでコロナで倒産とは言えないのでは?

スポンサードリンク