朝鮮学校マスク除外のさいたま市職員+幼児未来部幹部は誰で名前特定?

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

埼玉県にある朝鮮学校が、マスクの配布から除外されていたとして大きな話題となっています。

ウイルス対策として幼稚園などにマスクの配布を行っていたさいたま市ですが、その対象から埼玉朝鮮初中級学校幼稚部を除外。

今回はネット上でも物議を醸しているさいたま市の不祥事について取り上げます。


さいたま市が朝鮮学校をマスク配布対象外に

この件について、共同通信などは以下のように報じています。

新型コロナウイルスの感染防止策として幼稚園や保育園に備蓄マスクを配布しているさいたま市が、埼玉朝鮮初中級学校の幼稚部(同市大宮区、園児41人)を配布対象から外していたことが11日、関係者への取材で分かった。幼稚部の関係者らが同日、市に平等に配布するよう抗議し、市幹部が配布対象を再考すると表明した。

市職員が幼稚部に配布しないと10日説明した際に、配ったマスクが「転売されるかもしれない」との趣旨の発言をしたことも分かり、担当の市幼児未来部幹部が11日、幼稚部の朴洋子園長らに「不適切だった」と認めて謝罪した。

今回、マスク配布の対象外として不公平な扱いを受けたのは、埼玉県さいたま市にある埼玉朝鮮初中級学校の幼稚部です。

ここには園児が41人通園していることも明らかになっており、この園児たちはマスクを受け取ることができなかったわけです。

ちなみに、朝鮮学校は在日朝鮮人が通うことが前提の学校ですが、日本人も通っている人はいます。

朝鮮学校マスク除外のさいたま市職員は誰で名前特定?

さいたま市は対応の不備を認めすでに謝罪していますが、この差別的判断を下した職員は一体誰なのでしょうか?

前掲した報道記事のなかにもある通り、配布しない理由として『転売されるかもしれない』という言葉を放ったともいわれています。

この言葉はさすがに差別的と取られても仕方ないほどひどいものですが、発言を行った具体的な人物については報じられていません。

おそらくこの職員は一般職員なので、さいたま市のホームページなどでも、個人情報は記載されていません。

朝鮮学校マスク除外の幼児未来部幹部は誰で名前特定?

一方、平等な対応を求めるためにさいたま市役所に乗り込んだ朝鮮学校の朴洋子園長らに謝罪をしたのがさいたま市の幼児未来部幹部と報じられています。

さいたま市のなかでも、幼児未来部というところが当該案件を担当していたということ。

このことから、除外決定をしたのは問題発言を行った前述の職員ではなく、この幹部だと思われます。

さいたま市のホームページを見てみると、以下の通り『幼児未来部』のページが確認できます。
https://www.city.saitama.jp/006/015/028/002/index.html

ただ、こちらにも責任者の名前などは記載されていません。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

なんだか何人も綺麗事書いてますが、日本人が他国でマスク配ってもらってると思ってます?
物資が足りない中でまずは自国民が優先なのはどの国も同じですよ?日本人皆が足りない中で皆平等なんて、本当に日本人は優しいですよ。一度外国に住んでみるといいと思います。

まず北朝鮮に事情を説明しお願いされたなら、配布する。そういう対処に無返答なら配布するべきでは無い。マスクが有り余っていながらそういう対応は良くないかも知れないが、日本人にもマスクが不足している。当然、日本人ファーストでしょ。

それでこれはいくらなんでも別物だね。
そこまでは日本人は差別はしません。
逆に韓国にいたら日本人にはマスクは配布されないでしょうけど。

スポンサードリンク