橋本岳の嫁は韓国人でDV→絶縁状?岩田健太郎にコロナ対策で反論

政治家

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

内閣総理大臣を歴任した橋本龍太郎氏の次男であり、2020年2月現在厚生労働副大臣をつとめている橋本岳(はしもとがく)氏が岩田健太郎医師に反論したことがきっかけで大炎上しています。

感染症の専門家である岩田健太郎医師(神戸大学教授)は、2月18日に感染拡大が続くダイヤモンド・プリンセス号内部の情報を告発。

(※岩田医師は2/20付けで動画を削除)

ド素人同然の人物が現場を仕切っており、感染拡大がつづくのは当然だとして、政府の対応を批判していました。

岩田健太郎医師は、何者かによってたった1日でダイヤモンド・プリンセス号を追い出されてしまったということも主張しており、ネットではこの追い出した人物が橋本岳氏なのでは?と大きな話題になっています。

岩田健太郎医師(教授)の経歴や学歴:大学高校はどこ?コロナウイルス対策で話題に

2020年2月19日


橋本岳が岩田健太郎にコロナ対策で反論

橋本岳氏は2020年2月19日午前10時頃に、自身のツイッターにて以下のように投稿。

動画の件についても言及されていますので、この『ある医師』というのはあきらかに岩田健太郎医師のことでしょう。

現場責任者をしていた橋本岳氏の耳には一切入っていなかったようで、自分の知らぬところでこのような事案が起こったことに立腹している様子。

ただ、ネットでは『こんな状況になってまで自分の保身か』といった声が相次いでおり、バラエティ番組などにも出演している生物学の権威・池田教授もツイッターで以下のように発言しています。

投稿からわずか2時間ほどで5千件を超えるRTが付き、大きく拡散されている状況です。

橋本岳の嫁は韓国人でDV→絶縁状?

橋本岳氏といえば、2012年に週刊ポストによって嫁へのDV疑惑が報じられたことで有名。

当時の週刊ポスト記事では以下のように報じられました。

実は、岳氏は栄里子夫人と別居中。それに至ったきっかけは、驚くことに岳氏の家庭内暴力(DV)だったという。2年ほど前に倉敷市内の住宅地に建てられた橋本邸の近隣住民は、衝撃的な証言をする。

「2010年のお盆頃でした。岳さんのお宅からすごい怒鳴り声、そして奥さんの悲鳴が響いてきたんです。そして家から逃げ出してきた奥さんが近くの家に逃げ込んで110番して、パトカーが出動する騒ぎになった」

別の住民も、“事件”を鮮明に覚えていた。

「奥さんが“グーで36回殴られた”と訴えていたそうです。“殴られていたのに、よく回数を数えていたものだ”と話題になりました」

出典:週刊ポスト

橋本岳氏が妻である栄里子夫人に手を上げたとされる報道です。

このとき、橋本氏は落選中の身であり、議員ではなかったので進退問題などには発展しませんでしたが、この報道のおよそ10ヶ月後に第46回衆議院議員総選挙で見事国政に復帰しています。

ちなみに、橋本岳氏の名前を検索すると、栄里子夫人に関して以下のような関連ワードが表示されます。

ネット掲示板などでは韓国人なの?と話題になっていますが、彼女は三重県菰野町出身で列記とした日本国籍。

現時点で韓国との関連は一切確認されていません。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

感染症に関する対策の専門家として、本来的な意味でのボランティア(任意に志願して)で防疫の手助けをしようとしてくれた人に、木で鼻を括る態度で追い出したとは、コイツもクレイジー

これがごう慢不遜の安倍政権の実態です。都合の悪いことは全て揉み消そうとします。 その結果、国民は、新型コロナ恐慌の生き地獄です。

国民の健康より自分の面子が大事な厚労省の橋本岳副大臣って必要ですかね?面子どうこういうなら支持してもっと早く専門家チームを作り助けてもらうべきだったのでは?

スポンサードリンク