石垣のり子に新型肺炎質疑で無能の声!かわいい美人→韓国?

政治家

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

立憲民主党の石垣のりこ参議院議員に批判が集まっています。

2020年1月29日の参院予算委員会で質問に立った石垣のり子議員ですが、そこでの発言に批判が殺到。

新型肺炎や中東派遣よりも桜を見る会について質疑したことで、ネットで上では半炎上状態となっています。

今回は、今話題をさらっている石垣のり子参議院議員について、詳しく取り上げます。


石垣のり子に新型肺炎質疑で無能の声

今回の件について、分かりやすくまとめられた投稿が掲示板にあったので以下に掲載させていただきます。

立憲・石垣のりこ氏の発言に怒りと失望

今日の予算委員会で、石垣氏の質問の冒頭にこんなセリフがあった。
「本来であれば新型肺炎ウイルスの件、自衛隊の中東派遣など、わが国に住む人々の生命と財産に直結する問題を質疑したいところだが政権の堕落の象徴ともいえる桜を見る会を主に質疑する」
これに野党の議員らは拍手を送ったそうだが、そんな悠長なことを言ってる場合かとあきれるというか本当に悲しい。
個人的には政府が帰国させた武漢の人たちを隔離せずに自宅待機でという対応にかなりの疑問符を持っているが、こうした質問をするのではなく実際に日本人が国内外で命の危険をさらしているまさにその時に、まだ桜の問題を行うという愚行をやっているのに驚いた。

何もなければやればいいと思うが、日本でも人人感染が発生、中国でも重篤が出てる中で本当に質疑すべきことあるだろと言いたい。
本当に情けないし悔しい思いでいっぱいだ。

上にもある通り、石垣議員は参院予算委員会で新型肺炎や中東派遣に関する質疑よりも、桜を見る会に関する話題を優先させました。

コレに対して、『こんなことを堂々と主張できてしまう国会議員ってどうなんだ?』という声が殺到。

ネット掲示板やSNSは大荒れとなりました。

しかも、この石垣議員の発言に対して野党は拍手喝采。

こんな非常事態のなかでも安倍降ろししか眼中にない野党に、失望の声が多く上がりました。

石垣のり子ってどんな議員?かわいい美人と話題で韓国と関係?

石垣のり子議員は、1974年生まれの参議院議員。

元エフエム仙台アナウンサーというだけあって、『かわいい』や『美人議員』として有名でした。

初当選は2019年7月の参議院議員選挙で、2020年現在の当選回数は1回です。

政治家としての主な主張には、『消費税の将来的な廃止』や『原発反対』などがあります。

国会ではアベノミクスの批判を展開していることでも有名です。

ちなみに学歴は以下の通り。

仙台市立岩切小学校
→仙台市立岩切中学校
→宮城県第二女子高等学校(現・宮城県仙台二華高等学校)
→宮城教育大学小学校教員養成課程教育心理学コース

ネットで検索すると『韓国』というキーワードが人名と揃って表示されますが、彼女と韓国の関係はいまのところ不明です。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

石垣のりこの質問がコロナウイルスよりも桜を優先したのは 新型コロナウイルスの対応は安倍総理にはできないと 言いたかったからじゃないのかな

コロナより桜・・・?

桜なら思いっ切り突っ込めるけど、今の野党にゃコロナウィルスに関しては知識も対策も丸で持ち合わせがないから、曖昧な質問してボロ出したくないのがミエミエだな

情けねぇーっ

この人は国会で質問する以前に、一般市民をファシスト呼ばわりしたことについて弁明する必要があるのでは?

スポンサードリンク