高橋美奈(五所川原市議)の経歴学歴+顔写真!結婚やFacebook特定?

政治家

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

またもや議員によるマスク関連の不祥事疑惑です。

青森県の五所川原市で市議会議員を務める高橋美奈市議は、自分が経営するコンビニに陳列する目的で仕入れたマスクを、支援者に優先的に渡していた疑いが持たれています。

マスクをめぐる不祥事事件といえば、静岡県議の諸田議員によるマスク転売騒動が話題となりました。

諸田洋之(静岡県議)の経歴学歴+顔画像!会社は来夢で評判は?

2020年3月9日

ここでは、新たに報じられた議員の疑惑について詳しく取り上げていきます。


高橋美奈(五所川原市議)が支援者にマスクを優先販売

今回の件について、朝日新聞デジタルなどは以下のように報じています。

青森県五所川原市の高橋美奈市議(39)が、自身の経営するコンビニエンスストアに入荷したマスクを店頭に出さず、同じ会派の市議や支援者らに優先的に販売していたことがわかった。高橋市議は取材に対し、「自分が経営する店の商品なので、特段問題があるとは考えていない」と話している。

高橋市議によると、新型コロナウイルスの影響でマスクが品薄になり始めた2月中旬ごろから3月上旬にかけて、市内で経営するコンビニ4店舗に入荷するマスクを店頭に出さずに確保し、3枚入り30セット程度を同じ会派の市議や支援者を含む知人に通常の価格で販売した。店の従業員には、客からの問い合わせには在庫がないと答えるよう指示していたという。

高橋市議は「頼まれたので取り置いているという感覚だった。一般のお客さんが店に殺到すると、頼まれた量を確保できないと思った」。高橋市議からマスクを買った市議の1人は「50枚くらい買った。家族の出産などでどうしても必要だった」と話した。

高橋美奈市議は、市議会議員としての活動の他に、コンビニエンスストアの経営を行っています。

そのコンビニというのは、ローソンであることがプロフィールサイトEightに掲載されていました。

つまり、高橋市議は自身が経営するローソンに陳列するはずだったマスクの在庫を、支援者に対して優先的に配っていたというわけです。

高橋市議ご自身は問題ないと考えているようですが、支援者に対して配っていたということで世論からは『人気取り』『票集め』といった指摘もあります。

高橋美奈(五所川原市議)の経歴学歴+顔写真

高橋美奈氏は、青森県五所川原市で市議会議員を務めている政治家。

2019年に行われた市議会議員選挙で初当選しました。

当選時(2019年1月20日時点)では38歳ということで、2020年現在は39~40歳だと思われます。

出身大学や高校などに関する詳しい学歴は不明ですが、M-vision株式会社というところの代表取締役社長を務めており、この会社がローソンの経営を行っていると思われます。

ちなみに高橋市議はTwitterでも活動されています。
https://twitter.com/takamina5544?s=20

高橋美奈議員が経営しているコンビニ=ローソン五所川原野里店か

高橋市議が経営しているコンビニの詳細についても調べてみました。

ローソンの公式HPに掲載されている各店舗の求人情報ページを見てみると以下のような記述が見つかりました。

このことから、高橋市議が経営している店舗は、『ローソン五所川原野里店』と思われます。

ただ、最新の報道では高橋市議はこの他にも3店舗(全4店舗)を経営していることが明らかになっています。

高橋美奈議員は結婚はしていて旦那はいる?Facebook特定?

2019年に市議会議員として初当選したときのインタビューでは、2人の子供を持つシングルマザーと記載されており、離婚歴があることが分かります。

2019年1月に執行された五所川原市議会議員選挙に初挑戦された高橋美奈さん。五所川原出身の38歳。ふたりのお子さんを持つシングルマザーでもあります。地元でコンビニエンスストアを経営。選挙支援や青年会議所活動などを通じ、出馬を決意。

つまり、現時点では旦那さんはおられないようです。

ただ、離婚をした元夫についての詳しい情報は見つけることができませんでした。

一方、Facebookアカウントについても『高橋美奈』という実名で存在します。

アカウントはこちら
https://ja-jp.facebook.com/mina.takahashi.12

プロフィール画像に一緒に映る人物は、2人のお子さんだと思われます。

【追記】識者も高橋市議の行為に疑問の声

マスクの優先販売問題が大きく報じられてから一夜明けて、情報番組などでもこの問題が取り上げられました。

そのなかで、ひるおびに出演している八代弁護士は以下のようにコメント。

「政治家は社会に広がる不公平を正していくのが仕事だと思うんですよね。自分から不公平を助長したり一般の人から厳しい目で見られるようなことを自らすべきじゃないと思いますね」

市民の代表である市議という立場なのにも関わらず、不公平を助長することに対して苦言を呈しました。

【追記】高橋美奈市議が優先販売をしていた同僚議員が判明

高橋美奈市議は、支援者の他にも同僚議員などにマスクを優先販売していたことが報じられています。

その販売していた同僚議員の1人が同じく五所川原市の市議会議員をつとめている木村慶憲市議であることが判明し、大きく報じられました。

コンビニエンスストアを4店舗経営する青森県五所川原市の高橋美奈市議が、入荷したマスクを店頭に出さず、同じ会派の市議などに優先販売していたことがわかった。

マスクを優先販売してもらっていた木村慶憲市議は、「計50枚くらい私的に都合してもらった。入手できるなら、ある程度の枚数を確保してほしいとお願いしていた」と話している。定価で購入したという。

高橋市議によると、マスクを優先販売したのは4~5人の市議などで、3~5枚セットのマスクを計30セット近く販売したという。

これらの報道に、地元の五所川原市民からは怒りの声も上がっており、進退問題にまで発展する様相を呈してきました。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

ローソンの経営か
ローソン本部はこの事案についてどう思っているのだろうか?

自分さえ良ければ良い。典型だね!

そんなのに市政任せて平気?

高橋美奈市議は至誠公明会所属。自公連立?
高橋市議下劣さはもちろんだけど、
買った人間たちもなんだかなー。支援者も似るのかしら?

スポンサードリンク