野村克也が死去で死因は病気?入院で車椅子姿も

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

元野球選手で、楽天ゴールデンイーグルスの名誉監督でもある野村克也さんが死去しました。

各放送局のテロップで速報として流れ、ネット上でも大きな反響を呼んでいます。

今回は訃報が報じられた野村克也さんについて、詳しく取り上げていきます。


野村克也が死去で死因は病気?

今回の件について、スポーツ報知などは以下のように報じています。

元ヤクルト監督で野球評論家の野村克也さんが死去したことを、11日放送のTBS系「グッとラック!」(月~金曜・前8時)がテロップで報じた。84歳だった。

スポーツ紙で最も早く報じたのはスポーツ報知ですが、上記の通り死因については言及されていません。

また、速報で流れたテロップでも死因は記載されておらず、現時点では不明です。


追記

亡くなったとの速報が流れてからおよそ3時間後、死因が正式に発表されました。

NHK NEWSなどによると、死因は虚血性心不全とのことです。

この死因は奇しくも2017年12月8日に旅立った妻の野村沙知代さんと同じ。

2人は生前よりオシドリ夫婦としてメディアに取り上げられてきましたが、沙知代さんが亡くなって2年余りでの同じ病による死去というのは感慨深いですね。

ただ、野村監督は晩年入退院を繰り返しており、2010年には解離性大動脈瘤で入院したことが公表されました。

また、2014年には解離性大動脈瘤を再発しており、後述の通り1人での歩行は相当厳しい状況だったといいます。

直近の病状については公表されていませんが、都内の病院に入院していたことが報じられています。


追記

一部情報によると、野村監督の死去は警視庁が発表したといいます。

そのため警視庁発表ということは、ご自宅で亡くなられた可能性があります。

TBSにより、最新の情報が公開されました。

これによると、どうやら自宅で亡くなられたとのことです。

入院で車椅子姿も

野村監督は、妻であった野村沙知代さんが2017年に亡くなったことを境に、一気に憔悴。

見た目にもやせ細ってしまい、いかにも年老いたという感じになってしまいました。

表舞台に立つこともほとんどなくなった野村監督ですが、晩年は足腰が衰え、車椅子姿で人前に現れることもしばしば。

近年も1人での歩行は厳しいと報じられていました。

直近には雑誌のインタビューも

野村監督の最後のメディア露出は、おそらく日経ビジネスのインタビューでしょう。

日経ビジネスの記事はこちら

このインタビューでは人材育成に関する話をしており、近影も見ることができます。

インタビューが行われた日付については不明ですが、記事の公開自体は2020年2月7日。

これを考えると、かなり最近の姿であることが推察されます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

現役時代は存じ上げませが、各チーム(特にヤクルト)監督時代や野球解説者をされていらっしゃる時は大好きでした。
サッチーが亡くなられて一気に元気が無くなられたように見受けられたので心配でしたが………
心よりご冥福をお祈り致します。

突然の訃報に驚きました。自分はノムさんがヤクルトの監督になってからファンになりました。古田を始め、たくさんの素晴らしい選手を育てくださいました。これからは天国でヤクルトを見守っていていください。ご冥福をお祈りします。

南海 、ヤクルト、阪神、東北楽天の監督を歴任、各球団で名選手を育成してくれました。一番の思い出はもう楽天かな。田中将大選手の試合のたびに、コメントは楽しみでした。さようなら、月見草。ご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク