目黒ラフェットドフィーユの店長オーナーは誰で名前や顔写真は?

コラム

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

2020年1月28日のマツコの知らない世界で、プロクレープ愛好家こと辻元未奈美さんが紹介した『ラフェットドフィーユ』というお店が話題です。

このお店は全国的も珍しいクレープ食べ放題のお店。

しかもそのクオリティが食べ放題店とは思えないと話題です。

今回は今話題になっているラフェットドフィーユというクレープ食べ放題店について詳しく取り上げます。


マツコの知らない世界でラフェットドフィーユが取り上げられる

1月28日放送のマツコの知らない世界では、日本にある絶品クレープを提供するお店を紹介。

紹介したプレゼンターがプロクレープ愛好家として知られる辻元未奈美さんです。

辻元さんは、『週8でクレープを食べ歩く』というキャッチフレーズで有名となり、自身のTwitterでもおすすめのクレープ情報を提供しています。

クレープを週8で食べると聞くと不健康というイメージがありますが、辻元さんは何を隠そう栄養管理士の資格を持ち、ダイエットアドバイザーでもあります。

彼女は大好きなクレープを週8食べても太らないように工夫されているとのことです。

目黒ラフェットドフィーユの店長オーナーは誰で名前や顔写真は?

マツコの知らない世界では、いくつかの店舗が紹介されました。

そのうちの1つが、目黒にある『ラフェットドフィーユ(La fete de filles)』というお店です。

最寄り駅は東急東横線『都立大学駅』。

環七通り沿いにあるお店です。

日本初のガレット&クレープ食べ放題専門店という肩書で人気を博し、連日予約が殺到する人気店とのこと。

食べ放題専門店ではあるものの、シェフがちゃんと手作りしており、見た目も味も食べ放題店とは思えないクオリティと話題になっています。

そんなラフェットドフィーユの店長やオーナーさんはどのような人なのでしょうか?

公式ホームページを見てみると、どうやら目黒の店舗1つのみで、チェーン展開などはされていないようです。

公式ホームページはこちら
http://lafetedefilles.favy.jp/

公式ページを詳しく調べてみましたが、店長やオーナーに関する情報は掲載されていませんでした。

ただ、とある情報によると、ラフェットドフィーユのオーナーさんは秋葉原にあるクレープ店『Grand Breton Cafe(グランブルトンカフェ)』で働いていた人が独立して開いたお店とのことです。

また、以下の通りSNSなどではオーナーと思われる方の個人的なツイートも見ることができます。

2019年11月にはTwitterで交通事故にあったと報告

ラフェットドフィーユは、Twitterやインスタなどで写真を数多く投稿されています。

そのなかでも、Twitterはオーナーさんと見られる方の個人的な投稿などもいくつか見ることができます。

2019年11月にはこのような投稿をされており、交通事故にあったことを報告していました。

SNSなどでは著作権大丈夫?の声も

ラフェットドフィーユはクレープの味だけではなく、その芸術的な作品に対しても定評のあるお店です。

例えば、最近流行りの『鬼滅の刃』を用いた作品もTwitterなどにアップされています。

ただ、SNSなどではこれらの作品に対して心配する声も。

漫画やアニメなどのイラストを商用利用する際には、かならず許可を取らなくてはいけません。

もし無断使用である場合には、適切な対策を早めに取るべきですね。

ネットの反応

ラフェットドフィーユについて、ネットではどのような口コミが投稿されているのでしょうか?

SNSやグルメ情報サービスなどを参考に、口コミをまとめてみました。

クレープもガレットも食べ放題ので出すクオリティではなく、アートの様な盛り付け。

星5つじゃたりないくらい最高でした!!! 友達の誕生日サプライズプレートをお願いしましたが、大晦日なのにもかかわらず遅い時間まで私たちに合わせて料理、おもてなし、サプライズから写真撮影まで丁寧に接客していただきました。

友達の誕生日サプライズの予定でこちらを使わせて頂きました!相談も丁寧にして頂き当日も美味しい料理に美味しいドリンク、沢山と優しい気遣いをして頂き細かいところまで優しく対応してくださって本当に嬉しかったです。

スポンサードリンク