渡部信次さんの死因は病気?大阪市でタクシー運転手が死去

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

大阪市の路上でタクシーの近くに倒れていた男性=渡部信次さんが発見されました。

警察によると、周辺の防犯カメラには乗客と見られる男性とトラブルになった様子が映っており、転倒したことも分かっている模様。

渡部信次さんはその後亡くなったとのことで、警察は慎重に捜査を行っています。

今回は、大阪市内で起きた不可解な事件について、詳しく取り上げていきます。


大阪市でタクシー運転手が死去

今回の件について、ABCテレビなどは以下のように報じています。

大阪の警察署の駐車場で、タクシー運転手の男性が倒れているのが見つかり、その後、死去しました。直前に乗客とトラブルがあったとみられます。

23日午前0時40分ごろ、大阪市城東区の路上に止まったままのタクシーが見つかりました。すぐそばの城東警察署の駐車場では、タクシー運転手の渡部信次さん(61)が意識不明の状態で倒れていて、その後、亡くなりました。顔に擦り傷があったということです。周辺の防犯カメラには、午前0時ごろ、渡部さんが乗客とみられる男性と警察署を訪れた後、男性が逃走し、渡部さんが追いかけて転倒する様子が映っていました。警察は、何らかのトラブルがあったとみて、死因などを調べています。

この事件が発覚したのは23日の1時頃。

そこから丸1日が経過した現時点でも、詳しい経緯などは報じられていません。

防犯カメラの様子から、客とトラブルになっていたことは間違いないようですが、タクシー運転手である渡部さんの死因はいったい何だったのでしょうか?

渡部信次さんの死因は病気?

今回の事件で亡くなったのが、渡部信次さん61歳。

現時点で詳しい死因などは報じられていませんが、トラブルの様子や転倒した事実があったということから、警察は事件性も視野に入れて捜査を進めているとのことです。

ただ、MBSの報道などでは、渡部さんは生前心臓病を抱えていたということも報じられています。

「心臓の持病をもたれてるのは知ってました。(トラブルの)いきさつが知りたいです。」(渡部さんの知人男性)

不審な事件として扱われていますが、もしかすると直接的な死因は病死の可能性もあります。

しかし、現時点でトラブルになった客の男性は逃走中であることから、世間からは疑惑の目で見られているようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

この件はお悔やみ申し上げますが…
心臓の持病があって、人の命を預かるタクシードライバーのお仕事はいかがなものか。

客の無銭乗車が発覚したかなんかで、
警察まで連れてきたら逃げ出したので追っかけたら、
温かい車内から急に寒い野外に飛び出して走り出したもんだから、
心臓発作で倒れた、みたいな話かな。

防犯カメラが道の路地に全部ついてるから大阪市の犯罪は100%バレる
犯人の家の近くまですでに捜査員が調べます
貴方の人生もう終わり

スポンサードリンク