【初鹿明博】舞台女優の20代女性は誰で名前特定?セクハラ被害?

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

週刊新潮が衆議院議員の初鹿明博書類送検について報じ、大きな話題となっています。

【タクシー】初鹿明博衆議院議員が不祥事!問題行為と家族を調査

2019年12月16日

実は初鹿氏に初めて疑惑が持ち上がったのは2016年

このとき週刊新潮が20代の女性をホテルに連れ込もうとした疑惑などを報じ、当時勤めていた民進党青年局長の辞任に追い込まれました。

今回、初鹿氏が書類送検されていたという事実が報じられたことで、再度この被害女性に注目が集まっています。


セクハラ被害の舞台女優の20代女性は誰で名前特定?

この件について、週刊新潮は以下のように報じています。

週刊新潮は16年12月、記事「舞台女優を歌舞伎町ホテルへ引っ張る『民進党代議士』のすごい言い訳」(12月29日・1月5日号)を掲載した。

記事の内容は《舞台女優として活動する20代の女性》が初鹿議員からセクハラの被害を受けたというものだ。まず知人の証言をお読みいただきたい。

「向い合せに座っていたところ、隣に座るよう言われ、席に着くと抱き付いてきて胸を触られたのです。さらにセンセイは自分のズボンを脱ぎ始めた。店員が来たので離れたのですが、その後も、家に行こうとしきりに言っていたそうです」(知人)

出典:デイリー新潮

被害女性の知人の証言が事実であれば、これは明らかな問題行為。

この報道に対して初鹿氏は、『ホテルに誘ったこと自体は否定しなかったものの、同意の上だった』と強調していました。

ただ、事態を重く見た当時の民進党代表=蓮舫氏は遺憾の意を表明し、当時の幹事長であった野田氏からは厳重注意を受け、結果、青年局長を辞任することになりました。

当時の報道がこちらです。

民進党の蓮舫代表は22日の記者会見で、同党の初鹿明博衆院議員(比例東京)が党青年局長を辞任したと明らかにした。初鹿氏は週刊誌で女性問題を報じられたのを受け、21日に自ら辞表を提出。野田佳彦幹事長が厳重注意をした。

蓮舫氏は「非常に遺憾だ。我々の監督不行き届きもあるかもしれないが、二度とこういうことがないようにしていきたい」と語った。

出典:朝日新聞

ネットではこの件で被害を受けた女性に対しても関心が集まりました。

舞台女優ということで、ある程度名前は知られている人物だと思われますが、『20代であること』『舞台女優であること』以外に情報がなく、個人名を特定するのは難しい状況です。

初鹿明博氏は疑惑を否定するも書類送検

初鹿氏の女性問題が取り沙汰されるのは、実は上に記載した2016年の新潮による報道だけではありません。

そのおよそ1年後の2017年11月には、週刊文春がタクシーの車内で女性に不適切行為を行ったなどとして大々的に報じました。

週刊文春は直撃取材の様子も動画で報じましたが、当の初鹿議員は事実を認めませんでした

ただ、この報道に対しても立憲民主党は問題視し、半年間の役職停止処分と政務調査会筆頭副会長の内定取り消しを発表しています。

世論から大きな批判が巻き起こったものの、議員辞職などはせず、うやむやな状態で終わっていましたが、水面下では捜査が進んでおり、書類送検をされていたようです。

しかし、ひとつ注意したいのは、現段階ではあくまでも書類送検されたというだけで、この疑惑が事実だと認定されたわけではないということ。

送検された事自体は事実のようなので、今後検察がどのような判断をするのかに注目が集まります。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

田中美絵子元議員が涙目で議場から出るの止めた人だよね
あそこも何かあったのかな

野党の時は早くて与党の時は動かないなどと言ってる人いて違和感がありましたが、事件の発生した時期だけでもちゃんと見るといいと思います。
日本は推定無罪なのでちゃんと証拠が揃って基本的に容疑が固まるまでは書類送検しません。

これが2度目な上渡り鳥そしてUFOがどうのとか訳の分からない質問主意書を連発するし何の為にいる議員なのかわからない

スポンサードリンク