【パワハラ】日本棋院の役員は誰で名前は?キーセン接待疑惑も!

不正疑惑

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

日本囲碁界の重鎮である依田紀基九段と、日本棋院の対立が話題になっています。

そんななかで、日本棋院にさらなる不祥事疑惑が浮上

なんと日本棋院の役員が職員へのパワハラキーセン接待などを行っていたとされています。

今回は、疑惑で揺れる日本棋院について詳しく取り上げていきます。


パワハラ&キーセン接待疑惑を週刊新潮が報じる

この件について、デイリー新潮は以下のように報じています。

11月15日、東京・千代田区にある日本棋院東京本院の4階と8階に、役員に対する“注意”が掲示された。

観戦記者によれば、
「処分理由は職員へのパワハラと、取引先からの不適切な接待。口頭注意と始末書の提出があったらしい」

観戦記者が続ける。
「東京本院で11月26日に棋士総会があり、処分の説明を求める質問も出たが、事務局は“弁護士の指示で話せない”の一点張り。掲示した件の説明もできないとはおかしな話です」

棋院の職員労組が所属する全国一般労働組合東京南部の中島由美子委員長の話では、
実は、その役員は数年前にも棋院の役員を務めていて、職員に暴言を吐くなどのパワハラが問題になっていたのです。昨春、彼が再任されたため、団体交渉の場で棋院に調査と処分を求めていました」

出典:デイリー新潮

新潮の報道によると、この日本棋院の役員は職員へのパワハラが問題となり、役員の座を降ろされた過去があるといいます。

さらには、韓国での不適切な接待=キーセン接待が報じられ、囲碁ファン以外からも大きな関心を集めることに。


キーセン接待とは?


キーセンとは、妓生(きしょう)とも言い、朝鮮半島で古来から行われていた接待のこと。
女性による身分の高い人への接待を指し、そのなかには身体の関係を持つような接待内容も含まれることで有名。

新潮は、この問題について直撃取材を行ったようですが、日本棋院広報部はコメントを差し控えるとのこと。

コレに対して、『公益財団法人の資格を返上すべきでは?』などと辛辣に批判しています。

日本棋院の役員は誰で名前は?

日本棋院という組織はトップである総裁の他、顧問や理事長、理事、そして監事などで構成されています。

総裁を含めた上記の役職すべてを総称して役員と言い、理事以下の役職については囲碁界と関係のない人物が外部から招かれ就任している状況です。

2019年6月25日時点の役員一覧については以下のリンクより閲覧可能です。
https://www.nihonkiin.or.jp/profile/gaiyou/yakuin.html

この役員一覧を見ると、大手企業の役員や代表取締役などが理事もしくは監事に就任していることがわかります。

報道を見返すと、この人物は2018年の春に再任しているということから、上に掲載した6月時点での役員名簿に名前が記載されている可能性は極めて高いでしょう。

ただ現時点では、この疑惑の役員についての情報が少なすぎるため、個人名の特定は難しい状況です。

依田紀基九段との対立問題

今なお人気の高い依田紀基九段との日本棋院の対立問題についても大きく報じられています。

依田九段は執行部が日本棋院を私物化していることを公に批判し、不戦敗を強要されたとも証言。

一時期、『命の危機を感じる精神状態』とまで言っていました。

不戦敗についての話は、2019年7月に行われた『フマキラー囲碁マスターズカップ』の準決勝でのこと。

日本棋院側が、依田九段のTwitterでの発言を問題視し、大会を中止すると発表しました。

今なお出口の見えない混乱の渦の中にある日本棋院。

事態が収束するのは一体いつになるのでしょうか?

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

(記事が本当だとして)
返上はしないだろう。
相〇撲協会という前例がある。

何か色々な団体で様々な問題が噴出してますが、まともな団体がないように思えてきた。大小は違えどどこの団体でもある事なんだろうね。

還暦間近の囲碁ファンです。
19歳の虎丸君が名人になって、世間の注目を集めています。
井山さんは、20代で国民栄誉賞を受賞しました。
若手の棋士たちは男女を問わず、イベントや刊行物を企画し、SNSを活用して囲碁人口の拡大に必死で取り組んでいます。
それなのに、オヤジ層が足を引っ張るマネをして恥ずかしいと思わないのか。どうにも怒りが治らない。
問題の人物は直ちに除名されろべきだし、中枢も世代交代が必要だと心底思いました。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。