リサイクル店威圧発言の丸亀署警察官の名前や顔写真を特定?場所はどこ?

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

香川県中部のリサイクル店で6月、私用で訪れた県警丸亀署員の男性がトラブルになっていたことが、店と県警への取材でわかりました。

朝日新聞の報道によると次の通りです。

署員は「わしは生安(生活安全課)や」「立ち入り(調査)しようか」などと店員に言いがかりをつけ、約1時間にわたって店にいたという。

後日この署員と上司が謝罪に訪れたが店側が香川県警本部に告訴をしました。

県警は店側の告訴を受理し、威力業務妨害や不退去の疑いで捜査を始めた。

店と県警によると、署員は6月中旬の午後、私物の食器やぬいぐるみを売りに来店。手続き中に、段ボール箱で持ち込んでいた皿1枚が割れていたことがわかった。店は持ち帰るよう求めたが、署員は店側が割ったと主張し、トラブルになった。

リサイクル店などに対しては、警察官が古物営業法に基づき、店に立ち入って帳簿や品物を検査できる。

その部分を強調して店員を脅したという。


威圧発言の丸亀警察署警察官の名前や顔写真を特定?


この丸亀の署員は店側に、

「ただ割れたけん持って帰れっていうのは話が・・・常識の話として違うんでない?」

「わし、いま丸亀署の生安の担当者や。古物の。そこの責任者や」

「なんなら今度、立ち入りしようか。正規に呼んで」

などと言ったという。古物担当署員は一般市民を

●恫喝
●女性店員を過呼吸にさせたから傷害罪
●公務員職権濫用罪

以上の罪が今後問われるのではないかという声も。

この、丸亀警察署警察官の名前や顔写真ははまだ発表されていません。

発表され次第、追記していきます。

ぬいぐるみも持ちこんでいたとありますから、お子さんもいる方なのでしょうか。

お皿一枚のことで、かなり大ごとの事件となってしまいました。

リサイクル店の場所は香川のどこ?

未だ正式にリサイクルショップのショップが店舗名は発表されておりません。

地図で見てみると丸亀警察署警察官の周りに数件リサイクルショップが存在します。

店員が3名もいましたので大型店舗の可能性もあることを考えると

●ハードオフ丸亀店

●2nd STREET 丸亀南店

の可能性が高いでしょうか?

他にも近くにリサイクルショップが存在しまいたが、個人店や貴金属専門、車の中古販売のリサイクルショップでした。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか
ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

うへぇ、公僕が自分の権力を一般市民への脅しに使ってるのは、かなり怒りを覚えるな。「偉い人と知り合いだ。暴力団と知り合いだ。人を送るぞ。」デカい嘘を吐くお年寄り(犯罪者)は見てきたけれど、今回は本物の権力を私的な利益のために利用してるし、アウトですわ(´・ω・`#)

警察官による威力業務妨害と傷害 生活安全課って掃き溜めやからな 京都府警の生活安全課の警部補も詐欺みたいなことやってる 階級下位の者は上位者の言いなりで揉み消そうとする 市民は警察官の殆どが悪人だと知っておくべきな

こんな警官が生活安全課とか笑わせるぜ。戦時中の憲兵じゃないんだからさ。税金で食ってるくせに善良な納税者虐めるとか生活危険課だろ?クビにしろ!

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。