【nhk:A記者は誰?】村上祐子記者(夫:西脇亨輔)が週刊ポストで不倫報道?画像あり

プライベート

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

テレビ朝日の長寿番組『朝まで生テレビ』でMCをつとめている村上祐子記者に、スキャンダルが持ち上がり話題となっています。NEWSポストセブン(週刊ポスト)によると、以下のように報じています。


4月23日、テレビ朝日で開かれた定例社長会見で、報道局担当の篠塚浩・取締役が『朝まで生テレビ!』進行MCを務める同局政治部記者・村上祐子氏(40)の出演見合わせ(4月26日放送から)を発表した。「総合判断」の材料となったのは、『週刊ポスト』4月15日発売号に掲載された村上氏とNHK政治部A記者との“禁断の職場愛”に関する記事だ。週刊ポストが捉えた村上氏とA記者の逢瀬は次のようなものだった。

都心に快晴の青空が広がった4月初旬の週末、桜の名所・青山霊園をゆったりと散策するカップルがいた。仲睦まじく寄り添い、満開の桜をスマホで写真に収める。にこやかに微笑み合って歩を進める様子は、長年連れ添った夫婦のようだ。

女性は、テレビ朝日の看板番組『朝まで生テレビ!』のMCを務める村上氏。現在は政治部に籍を置くが、2015年まではアナウンス部に所属し、数々のニュース番組を担当してきた。2006年に8歳年上の同局アナウンサーのN氏(48)と「職場結婚」して話題になった彼女だが、この日、一緒に花見を楽しんだ男性は、N氏ではなかった。

この報道が流れると、ネットでは『記者Aって誰?』という声や、『この報道内容は本当なの?』という声が上がるなど、話題を呼んでいます。

今回は、スキャンダルが報道された村上祐子記者を取り上げます。


nhk:A記者は誰?村上祐子記者が週刊ポストで不倫報道か

村上記者に関する一連の報道が出たとき、世間の多くの人は『噂に過ぎない』と思ったことでしょう。

朝まで生テレビに出演する彼女の真面目な印象をベースに考えれば、今回の一連の報道が信じられないというのも当然です。

しかし、ここにきてテレビ朝日が『朝まで生テレビ』への村上記者の出演を中止するという公式発表があり、一気に真実味を増すことになりました。

「報道情報番組ということもあり、総合的に判断して当面の間出演を見合わせます」

※テレビ朝日発表

村上記者本人は、週刊ポストの直撃取材に対して『プライベートなことなので答えられません』とお茶を濁す発言をしており、現段階ではあくまでも噂に過ぎません。

一方、もうひとつの関心事である記事中のA記者とは一体誰なのでしょうか?

週刊ポストの報道内容をもとに、A記者の特徴をまとめると以下のようになります。

・NHK政治部で野党番を務めている
・身長は180センチ近い
・切れ長の目が特徴
・政治ニュースに度々登場している
・30代前半
・野党大物政治家から信頼が厚い

今のところ、A記者についてわかっていることといえばこれくらいです。

NHKは公式ホームページなどでも所属記者の紹介をしていないため、この特徴から絞り込むことはなかなか至難の業です。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

テレ朝 前もあったよね 人の不倫騒動は報道するのに 身内は守るのね 当たり前だけど。
テレ朝は不倫が当たり前で、ネットで話題になるって印象だな。

テレ朝にあまりにもこの手の不倫騒動が多いのは、テレ朝の体質に問題が有るんじゃないのかな…?

騒動後の建前上の対応だけではなく、もう少し重要視すべきだろう。

すんなり離婚が上手くいかないのは、キッカケが不倫だからだろうなぁ。
離婚が成立するまでは一定の距離を取っておけばいいのにって思うけど、その間に気持ちが離れるかもしれない不安があるんだろう。

週刊ポスト報道のN氏=夫:西脇亨輔氏

冒頭で取り上げた報道のなかにある村上祐子記者の夫N氏というのは、西脇亨輔氏のことです。

西脇亨輔氏はテレビ朝日法務部所属の弁護士で、元アナウンサーという経歴を持っています。

千葉県八千代市出身。学習院中等科、筑波大学附属高等学校、東京大学法学部卒業。
第47期司法修習を修了後、テレビ朝日へ入社。12年半アナウンサーを務めた後、弁護士として法務部へ異動した。

※wikipediaより引用

東大法学部出身のエリートであり、一時期はテレ朝の法務部を離れて弁護士事務所で働いていたこともあります。

テレ朝関係者の話しによれば、村上祐子記者とは現在別居しているとのこと。

「政治部に異動してから間もなくして村上さんはNさんと別居し、今はA記者の家が生活拠点のようです」

人気番組のMCということもあり、今後の報道がさらに注目されそうです。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。