皇宮警察学校の校長は誰で名前+顔写真特定?飲酒不祥事

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

皇族の護衛を担う皇居警察の幹部が、未成年との飲酒をしていたとして大々的に報じられました。

その幹部のなかには、皇居警察学校の校長もいたということで、大きな話題になっています。

今回は飲酒不祥事事件が話題となっている皇居警察やその学校長について、詳しく取り上げていきます。


皇宮警察で飲酒不祥事

この件について、共同通信などは以下のように報じています。

天皇陛下や皇族の護衛、皇室関連施設の警備を担う皇宮警察の幹部が、未成年の皇宮護衛官らと飲酒を繰り返していたことが10日、関係者への取材で分かった。皇宮警察は関係者から聴き取りを進め、近く幹部ら30人前後を処分する。

関係者によると、那須御用邸(栃木県那須町)の敷地内の施設などで催された昨年6月の懇親会などで、皇宮警察学校の校長らが未成年の皇宮護衛官らと飲酒を複数回した。今年に入り、内部からの指摘で発覚した。

皇宮警察は警察庁の付属機関。皇宮護衛官として採用されると、大学卒業の場合は6カ月、高校卒業は10カ月、皇居内の皇宮警察学校に入校する。

この不祥事事件の第一報は3月9日に報じられましたが、その時点では幹部に関する詳しい内訳は記載されていませんでした。

しかし、1日経ち、処分対象となっている幹部のなかには皇居警察学校の校長がいたことが報じられました。

一体、この学校長とはどのような人物なのでしょうか?

皇宮警察学校の校長は誰で名前+顔写真特定?

皇宮警察学校というのは、東京千代田区にある皇居のなかに存在しています。

皇居警察学校の公式ホームページは存在しておらず、調べてみても皇居警察のHPのなかにある学校の紹介ページのみしか見つかりません。

ただ、過去の報道記事を調べてみると、朝日新聞デジタルによる以下のような報道記事を発見。

皇居内にある皇宮警察学校で11日、入校式があった。皇室の護衛や皇居などの警備を担う責任や決意を胸に秘め、36人が新たな一歩を踏み出した。

〇〇学校長(記事元は実名)は「皇宮護衛官としての自覚を持ち、常に良識ある行動を取ってもらいたい」と式辞。藤山雄治本部長は皇室について学ぶ皇宮警察の特殊性に触れ、「好奇心を持って自ら学ぶ姿勢で臨んでほしい」と訓示した。

出典:https://www.asahi.com/articles/ASK4B62BRK4BUTIL05N.html

ただし、これは2017年の記事なので、2020年現在は異動している可能性が高いです。

警察人事に関する異動履歴を見てみる

調べてみると、恐らく有志で運営されている『警察人事異動ノート』というサイトが存在しました。

このサイトのなかには、皇宮警察に関する人事も掲載されています。

サイトに掲載されている皇宮警察の2019年3月時点での異動歴が以下。
http://policeofficer.seesaa.net/article/464767397.html

ここから、当該学校長は朝日新聞に記載のある人物では無いと思われます。

一方、異動履歴にも2019年時点での学校長の名前が記載されていますが、2020年現在も同ポストについているかどうかは不明です。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

高卒で採用された護衛官が飲酒をしたんでしょが、言うても1年くらい我慢すれば飲酒できる立場なのに。どのような処分になるか、わかりませんが、繰り返してはいけないことですね。

先日皇宮警察の厳しい訓練が
放送されたばかりなのに

あの厳しさは上辺だけだったんだろうな

これが普通の企業ならここまで大きな問題にはならなかったでしょうね。と言うか居酒屋で明らかに未成年がスーツ着て一人前に顔を赤らめている、なんて毎日の様に見る光景じゃありませんか。

スポンサードリンク