【脱税】アミューズメントトラストの大阪店舗の場所はどこ?

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

大阪にあるゲームセンター『アミューズメントトラスト』が再度話題になっています。

アミューズメントトラストは、クレーンゲームの景品が取れないように細工をし、客から現金をだまし取ったとして2017年に有罪判決が確定していました。

このときも手口の悪質さから話題になりましたが、この度、脱税の疑いが浮上し、再度話題に。

今回は巨額の所得隠しの疑いが持たれているアミューズメントトラストについて詳しく取り上げていきます。


アミューズメントトラストが脱税で再度注目を浴びる

出典:asahi.com

今回の件について、読売新聞などは以下のように報じています。

景品が絶対に取れないよう細工したクレーン型ゲーム機を置くゲームセンターを運営していた「アミューズメントトラスト」(大阪市浪速区)と同社の男性社長(35)について、大阪国税局が法人税など計約4100万円を脱税したとして、法人税法違反容疑などで地検に告発していたことがわかった。重加算税を含む追徴税額は計約5500万円に上る見込みで、同社はすでに修正申告して一部を納付したという。

関係者によると、社長は2017年5月期までの2年間、大阪、京都両市の3店舗で売り上げの一部を除外するなどの手口で所得計約1億8200万円を隠し、法人税を免れた疑い。社長は各店舗の金庫で保管する売上金を自ら回収し、一部を自宅に隠すなどしていたという。

出典:読売新聞

報道によれば、2017年5月までの2年間でおよそ2億円近い所得を隠した疑いが持たれているといいます。

この所得に対する法人税額はおよそ4000万円ほどだということです。

冒頭でも触れましたが、アミューズメントトラストはクレーンゲームに細工をした疑いで、2017年に有罪判決を受けていました。

当時の報道記事が以下です。

クレーンゲームの景品を取れないように設定し、代金をだまし取っていたとして、ゲームセンターの経営者が逮捕された事件で、客をだますマニュアルを作ったとされる補佐役の男が新たに逮捕された。摘発された店では少なくとも600万円をだまし取っていたとみられる。

なんとマニュアルまで作り、騙そうとしていたと報じられていました。

ただ、脱税の額や所得隠しの額などと比較すると、だまし取った金額は600万円とさほど大きくありません。

まっとうな営業活動でも大きな収益が立っていたようなので、ある程度の人気店だったのでしょう。

アミューズメントトラストの大阪店舗の場所はどこ?

今回脱税で再度注目を浴びているアミューズメントトラストですが、店舗がどこにあるのか?と話題になっています。

報道では、大阪市浪速区とだけ書かれており、具体的な店舗の所在地などは記載されていません。

検挙された当時の2017年の報道を見ても具体的な場所については触れられていませんが、複数店舗を運営していることは記載されていました。

それによると、浪速区以外にも、『大阪日本橋』『道頓堀』などの場所に店舗を持っていたようです。

現時点ではアミューズメントトラストの公式ホームページなども確認されていないため、今後新たな情報が分かり次第、追記させていただきます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

ゲーム機じゃなく社長の賽銭箱だな

つーか巷のゲーセンのクレーンゲームなんて殆どは設定金額迄金入れなきゃ取れない仕様になってるわ
鬼の設定金額到達前に閉店リセットされたら絶対取れないんだから詐欺でそんなゲーセンの店長も経営者も逮捕したらいいんだよ

クレーンゲームは今も昔も全く取れないか、相当お金使わないと取れないと認識してるからやらないようにしている。そもそも取れた時の快感だけだしね。

この手の収支はレシートも発行されないし、やりたい放題、取れなければ見返りはゼロ、的屋のクジより悪質、レシート発行機能やカメラを付けて取れない場合は幾分払い戻しや、景品の選択を出来るようにすれば良いと思います、景品用商品は安い物なんです。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。