【半グレ】岡本一樹(モロッコ)はどこの大学?大阪学院大学と枚方市事件

事件

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

2019年に入ってから、『半グレ』と呼ばれる人物の逮捕が連日報道されています。

そんななか、2019年12月に特殊詐欺などを働いていたとされる『モロッコ』という半グレ集団のトップ=岡本一樹容疑者が逮捕されました。

岡本一樹容疑者は2019年現在20歳で、その若さや犯行内容などから世間の中心を集めています。

今回は逮捕された半グレ集団モロッコのトップ=岡本一樹の素性を詳しく取り上げます。


岡本一樹容疑者が枚方市の詐欺で逮捕

岡本一樹容疑者が逮捕されたのは2019年12月

大阪府枚方市に住む高齢男性のキャッシュカードを奪い、現金を引き出した詐欺容疑で逮捕されました。

当時のABCテレビなどでは以下のように報じていました。

高齢者からキャッシュカードを盗み、現金を不正に引き出したとして、半グレグループのリーダー格の男が逮捕・送検されました。

窃盗の疑いで逮捕・送検されたのは、大阪の半グレグループ「モロッコ」のリーダー格とされる、大学生の岡本一樹容疑者(20)です。

岡本容疑者は5月、仲間と共謀し、枚方市の男性(80代)に、銀行員などをかたって「キャッシュカードが古くなっているので、交換した方がいい」と、うその電話をかけたうえで自宅を訪問。

カード1枚を偽物にすり替え、現金250万円を引き出した疑いが持たれています。

手口が非常に悪質であり、このような詐欺事件は近年増加傾向にあることから、警察も警戒を強めています。

振り込め詐欺やオレオレ詐欺のような、いわゆる特殊詐欺というと暴力団のイメージが強かったのですが、最近は半グレ集団による詐欺事件が増えてきているといいます。

今回逮捕された岡本容疑者は大阪の半グレ集団でも有名なモロッコというグループのリーダー格とのこと。

巨大な詐欺グループとの関連もある可能性が指摘されています。

半グレ集団モロッコ=岡本一樹はどこの大学?大阪学院大学と確定

岡本一樹容疑者は、半グレ集団『モロッコ』のリーダーでありながら、大学に通う学生でもあります。

2019年12月7日に報じられた日刊ゲンダイの記事によると、以下のように書かれています。

高齢者からキャッシュカードを盗み、不正に現金を引き出したとして枚方市の大阪学院大の学生、岡本一樹容疑者(20)が、先月29日、窃盗の疑いで府警捜査2課に逮捕された。

当初は『大学生』としか報じられていませんでしが、ここにきて大阪学院大学であることが明記されました。

大阪学院大学は関西地方でも有名な大学であり、偏差値は40~45とそこまで高くはありませんが多くの学生数を抱えるマンモス校です。

ちなみに、モロッコというグループは岡本容疑者以外にももうひとりリーダー格の人物がおり、その人物が梶諒被告。

この人物もすでに傷害容疑などで逮捕されており、警察は半グレ集団への取締強化を行っているようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

半グレとかじゃなくて“社会に必要の無い人”とか、わかりやすく否定的な表現にして良いと思うんですけどね。ほぼ更正もしないだろうし、本当に厳罰で良いですよ。こんな輩。

こいいう事を、平気で実行出来てしまう人間って、やっぱり何かが欠如してると思う。再犯したら極刑とかでもいいんじゃないかと思ってしまう。

大学生て……
行かした親が泣くぞ。
学ぶ気がないなら行くな。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。