【不仲?】ベイビーレイズjapan解散の真相!林愛夏の今後は?

エンタメ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

女性アイドルグループとして2012年から活動してきたベイビーレイズjapanが解散しました。日刊スポーツによると、以下のように報じています。

5人組女性アイドルグループ、ベイビーレイズJAPANが24日、山中湖畔でラストライブを開催した。約4000人のファンが見守る中、代表曲「夜明け Brand New Days」や13年NHK朝ドラ「あまちゃん」内で話題になった「暦の上ではディセンバー」などを披露。約5時間のステージで、アイドル活動に終止符を打った。

グループは12年、現在と同じ大矢梨華子(21)伝谷英里香(22)林愛夏(23)高見奈央(21)渡辺璃生(18)の5人で「ベイビーレイズ」として結成。翌13年には「暦の上ではディセンバー」がヒットした。その後は解散危機にさらされながらも、グループ名を変更するなどして、アイドル界を生き抜いてきた。

ライブは富士山を望む山中湖畔で行われ、アンコールではそれまで雲に隠れて見えなかった富士山が顔を出すミラクルも起こった。

わずか6年というアイドル活動でしたが、現在日本のアイドル界は非常に生き抜くのが難しく、6年でもメジャーで活動できたのは評価に値するでしょう。

今回の解散発表で、ファンを中心に話題になっているのが解散の真相です。

ここでは、ベイビーレイズjapan解散の真相に迫っていきます。

スポンサーリンク


不仲説?ベイビーレイズjapan解散の真相!

ベイビーレイズjapanの所属事務所や本人たちが公式に発表している解散理由は以下の通りです。

解散理由は「全員で同じ方向を向いて活動することができないため」で、解散後も5人は引き続き事務所に所属し、女優やタレントとして個々に活動する。

(※日刊スポーツより引用)

また、解散を発表した段階での公式コメントは以下のようなものでした。

解散発表に際したコメントでは、これまでを「他のアイドルイベント会場でのティッシュ配り、 寺修行の終日生配信、日本武道館ワンマンを賭けた1万人署名活動、 69時間のエモフェスイベントなど、数え切れないほど様々な活動をしてまいりました。突然の会議室での結成以来、メンバーは無茶な企画にも一緒に走り続けてきてくれました」を振り返り、「昨年、結成5周年を迎え、野外ワンマンライブ3連戦をやり切ったタイミングで、スタッフとメンバーで、今後の活動について話し合う機会が増えていきました」と告白。「何度も話し合いを重ねた結果、この先、全員で同じ方向を向いて活動することが出来ないという結論に至り、メンバー・スタッフ全員で『解散』という選択を致しました」と解散に至った経緯を説明した。

(※モデルプレスより引用)

完結に行ってしまえば、5人のメンバーそれぞれが目指している方向に違いが出てきて、今後もグループとして活動していくことが難しくなったということですね。

しかし、解散に必ず付いて回るのが不仲説などの噂です。方向性の違いは単なる表向きの解散理由で、真相は別にあるのでしょうか?

所属事務所のプロデュース問題や不仲説も

スポンサーリンク

ここからの話は現段階ではあくまでも噂の域を出ませんが、ベイビーレイズjapan解散の真相として噂されているのが以下の2つです。

  • 不仲説
  • 事務所問題

1つめの不仲説に関しては、グループの解散に伴って必ず出てくる噂です。

ベイビーレイズjapanについても一部で不仲説がささやかれていますが、この説を裏付けるような情報は一切ありません。

そもそもですが、報道にもあるように過去には何度か解散の危機がありました。これは人気低迷が主な理由ですが、もし不仲なのであればこのような時期に解散を発表していてもおかしくありません。

一方、濃厚視されているのが事務所の問題。彼女たちが所属するレプロエンタテインメントという事務所はアイドル運営が下手ということで話題なんです。

例えば、レプロエンタテインメント所属のアイドルグループというと『9nine』がいます。しかし、このグループも思ったような人気が出ずに今となってはほとんどメディアに出ません。

逆に、女優やタレントのプロデュースとしては定評があるようです。新垣結衣さんがレプロエンタテインメント所属であることからも分かりますね。

林愛夏の今後は?

ベイビーレイズjapanのセンターとして活躍していた林愛夏さんの今後についても気になっているファンは多いようです。

本人の口から直接今後の方向性に関するコメントがないので、正確なことは分かりませんが、おそらく女優やタレント業をメインに活動していくのでは?といわれています。

というのも、ベイビーレイズjapan所属時代からテレビドラマや映画に積極的に出演していました。一方で、『世界ふしぎ発見』などのバラエティーにも出演しています。

ベイビーレイズjapanのなかでも個別の活動が多かったということもあって、林愛夏さんの今後に期待しているファンは多いようです。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。