【ハサミ】神戸市の小学校はどこ?女性教師は誰で名前は?

出典:カンテレ
不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

神戸市の小学校で、大きなハサミを近づけ、男子児童に不適切な発言を行った疑惑が浮上し、話題となっています。

今回の問題は、小学校に務める女性教師が、男子児童に大型のハサミを頭に近づけ、『頭のなかはどうなっているのか?』などと発言した事案。

このニュースに、ネットなどでは大きな話題となっており、『教師としての資質に問題がある』などという声が多く上がっています。

今回は、神戸市の小学校で起きた不祥事問題を詳しく取り上げます。


ハサミで不祥事の神戸市の小学校はどこ?

今回の件について、カンテレなどは以下のように報じています。

神戸市の小学校で女性教師が男子児童にハサミを近づけ「頭の中はどうなっているのかな」と不適切な発言をしていたことがわかりました。

神戸市教育委員会によると10月28日、神戸市立の小学校で、音楽会の練習中に5年生の男子児童がほかの児童と話をして歌を歌わなかったため、担任の男性教師(30代)が50代の女性教師に対応を相談しました。

その日の放課後、女性教師は男子児童の指導にあたり、教室にあった大型のハサミで男子児童の髪を切るような仕草をしながら「頭の中はどうなっているのかな」と言ったということです。

出典:カンテレ

報道によると、不適切発言を受けたのは、小学校5年生の児童

この児童の担任である男性教師が、女性教師に対応を相談し、放課後に呼び出して問題の行為を行ったということです。

このニュースは、カンテレ以外にもytvなどが大きく取りあげているものの、具体的な学校名について言及している報道機関は今のところありません。

ただ、報道番組ではこの小学校の外観と思われる映像が流されました。

また、他の報道機関によると、小学校は神戸市立の学校であるということも報じられています。

この映像と情報だけでは場所の特定は難しいですが、今後、報道が加熱する中で学校名が公表される可能性は十分にあります。

最新情報が入り次第、追記させていただきます。

女性教師は誰で名前は?

今回、問題の行為を行った女性教師についても、ネット上で大きな話題になっています。

発言もそうですが、ハサミを頭に近づけるという行為自体、教師としてどうなのか?と議論になっているのです。

この女性教師ですが、現時点で公表されているのは『50代』ということくらい。

これ以上の詳しい人物像は報じられていません。

ただ、担任の男性教師が相談を持ちかけたということから、生徒指導や学年主任などを務めるような、一定の権限を持っていた人物だと思われます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

遊んでた児童が悪いね。ただ、刃物は危ないと思う。他に指導の仕方もあったかもしれない。

先生の指示に従えない自分の息子は悪くないの?
確かにはさみは、一歩間違えたら凶器になるけど、ちゃんと授業を受ければ起きなかった問題でしょ。
親の躾にも問題ありだと思う。

うん、刃物はやりすぎ。
でも教師に指摘をしたのと同時に自分の子にもこういう事になったのはあなたがやらなければいけないことをやらなかったからだと説教してわからせましょう。

刃物を近づけるのは危ないけど、生徒も言うこと聞かないと、、、。
たまに、親は子供を守ろうとやられたことだけを大きく言うけど、自分の子もダメだったけど、注意の仕方をもう少し考えてほしい。みたいな感じだったらいいけどね。。。

子供に問題はあるが、ニュアンスはどうであれ指導に刃物を向けると後々問題にされそうな事は想像出来そうかなと思う。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。