慶應応援指導部で不祥事のリーダー部員は誰で名前は?厳しいと有名

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

私立名門大学である慶應大学の応援指導部で、新入部員が全治2ヶ月の重症を負うという事件が発覚しました。

部内では不適切な指導が行われていた疑いがあり、スポーツ新聞などで大々的に取り上げられています。

慶應大学といえばつい最近アメリカンフットボール部での不祥事が問題になったばかり。

そんななかでの度重なる不祥事発覚に、世間からは厳しい声が多数聞かれます。

今回は、慶應大学の応援指導部で起きた一連の不祥事について、詳しく取り上げます。


慶應応援指導部で不祥事!厳しいと有名

今回の件について、スポーツ報知などは以下のように報じています。

慶応大の応援指導部(応援団)に1年生2人(男女)が体験入部した際、部から指示された運動中にけがをしていたことが5日、分かった。新入生が指示されたのは持久走のほか、腰をかがめ、両ふくらはぎと両太ももをこすり合わせるようにして歩く「アヒル」など。1人はふくらはぎに全治2か月の重傷を負い、通学ができなくなり、もう1人も負傷した。

同部のホームページによると、応援部(当時)は1933年に結成され、現在はリーダー部、吹奏楽団、チアリーディング部で構成される。けががあったのはリーダー部で、練習に出られなくなった2人には、同部関係者から「拍手ぐらいできないのか」と、部活動に参加するよう求める指示もあった。けがをした2人はその後、退部した。

出典:スポーツ報知

報道によると、問題が起きたのは慶應大学応援指導部のリーダー部というところ。

ここに体験入部した2人の新入生が、部の練習を体験している最中に太ももに全治2ヶ月の怪我をしたとされています。

実は、慶應の応援指導部は昔から厳しいということで一部では有名だったようです。

報道の内容を見る限りでは、直接手をあげたり、暴言をはいたりといった行動はなかったようなので、ネットからそこまで問題視することなのか?という声も聞かれます。

ただ、全治2ヶ月というのは間違いなく重症であり、普通の練習ならまず負わない怪我。

いくら体育会系とはいっても、度重なる不祥事発覚で、今後の部活動のあり方が問われそうです。

不祥事を起こしたリーダー部員は誰で名前は?

今回の報道が出ると、ネットでは『問題を起こした部員は誰なのか?』という話題が大きく取り沙汰されました。

スポーツ報知を始めとする各メディアの報道内容を見てみると、新入部員の指導にあたったのはリーダー部の部員であることが書かれているだけで、それ以上の情報は明らかにされていません。

現時点では何年生の部員なのか?ということも公表されていないので、どのような人物だったのかうかがい知ることはできません。

今後、詳しい情報が追加され次第、こちらでも追記させていただきます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

体験入部でこの有様なのですから、正式に入部したらどんなことになっていたでしょうね。

怪我をした学生はお気の毒でしたが、公になるだけもよかったです。改善されるきっかけにはなりますから。これまで数え切れないほどの泣き寝入りがあったと思います。

どんな不祥事を起こそうとも慶應ブランドが廃れることはない。
これが一番の問題。

また慶応と言うより、どこでもそして学生に限らず似たような体質は社会人でもあるでしょうね。

昔ながらの体質、、、。
変えちゃいけないこと、変えないといけないことを考えるべきでしょうね。
熱い気持ちは変えないで
しかし、やり方は時代にあったものに変えるべきですね。

伝統と言うものを理解できていないのだと思いますよ。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。