セブンイレブン閉鎖理由や閉店店舗はどこ?イトーヨーカドーやそごうも

ビジネス

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどを運営するセブンアンドアイホールディングスが、グループ関連店舗の大型閉鎖を発表し、大きな話題となっています。

国内最大手のセブンイレブンで1000店舗ほどの閉店が見込まれており、地域によってはかなりの打撃を受ける可能性があります。

今回は突然の閉鎖発表が話題となっているセブンアンドアイホールディングスについて取り上げます。


セブンイレブン閉鎖理由や閉店店舗はどこ?

今回の件について、朝日新聞などでは以下のように報じています。

セブン&アイ・ホールディングスは10日、グループの事業構造改革の方針を公表した。主力のコンビニエンスストア「セブン―イレブン」は約1千店の閉鎖・移転のほか、加盟店の負担を減らして収益力を改善させ、不振の総合スーパー「イトーヨーカドー」や百貨店の「そごう・西武」は店舗閉鎖や事業見直しなどのリストラを進める。人手不足やネット通販の普及に伴い、流通大手が事業の大幅見直しに迫られた。

セブン―イレブンでは、フランチャイズ(FC)契約する加盟店の加盟店料を減額し、各店の収益力を改善させる。セブン本部の利益は約100億円減る見込み。コンビニ事業の利益水準を維持するため、2019年下期以降に不採算店1千店を閉鎖・移転させ、本部人員の見直しや売り場の見直しも行う。

出典:日刊スポーツ

報道によれば、ネット通販の普及に伴って、大幅な事業見直しを図られたと報じられています。

ただ、ネットなどでは他の理由も大きいのではないか?として話題に。

セブンアンドアイホールディングスといえば、つい最近セブンペイでの不祥事が話題となりました。

これに伴って、大幅な赤字が出ているのではないか?とネットでは噂になっているようです。

肝心の閉店店舗については、現在のところ詳細は報じられておらず、具体的にどこの店舗がなくなるのか?ということについては不明です。

ただ、近日中に閉店店舗が公式発表される可能性もあり、セブンイレブングループのIRなどには注目したいところです。

イトーヨーカドーやそごうも

セブンアンドアイホールディングスの発表によれば、セブンイレブンだけではなく、グループのイトーヨーカドーやそごうなども閉鎖する可能性があると記載されています。

そごうといえば、数年まえに経営再建を行い話題となりました。

セブンアンドアイホールディングスの下で、経営は順調に思われましたが、今回大幅なリストラの可能性を示唆しています。

グループ自体がかなり大きいため、正社員だけでなく、アルバイトやパートを含め、かなりの影響が出ることは間違い無いでしょう。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

セブンイレブンが1000店舗閉鎖??
このニュースはやば過ぎるだろ

東証一部上場企業でも全然安心できないといういい例ですね。
詳しい理由などは不明ですが、かなりの人に影響が出ることは間違い無いでしょう。

田舎のお店とかはかなりの打撃だろうな
県内唯一の店舗とかはどうなるんだろうか

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。